My Photo
無料ブログはココログ

« バカバカしいので、これっきりね。 | Main | もっとも「即興」を「即興らしく」表現できているホンモノの本、発見! »

January 05, 2005

仏教と科学

『なぜ人は破壊的な感情を持つのか』

ダライ・ラマ&ダニエル・ゴールマン共著(アーティストハウス発行・角川書店発売)を読む。

仏教と科学が、”感情”について、じっくり研究し討論した5日間を、ドキュメンタリータッチでつづる。
ダライ・ラマは仏教の視点から、ダニエル・ゴールマン他、世界中からやってきた一流の科学者たちは西洋科学の視点から。破壊的な感情とは、自分や他人を傷つける行為を引き起こす感情と定義している。

心理学的、宗教学的、科学的にとても興味深い本である。

キヌガワはダライラマにすんごく共感した。
ダライ・ラマは本書で、仏教を、科学的に実証しようとしている。
(インプロも、”なんとなく楽しいから”ということだけでなく、科学的に実証されれば、もっと人のためになると思う)。

ダライ・ラマは、科学的に間違っていると証明された仏教の教えに関しては、教えを変えてもいいとまで思っている。
(たとえば、地球は丸いと実証されたけれど、仏教の経典ではそうではなかった。ダライ・ラマは地球は丸いと言いきる)つまり、仏教が現実的なものであるように、常に目を向けているのだ。

ダライ・ラマが科学者と議論しあって、その違いや同じ部分をはっきりとさせていくところがスリリング。

また両者のすばらしいところは、感情について議論するだけではなく、一般の人たち(仏教徒だけでなく)の生活でも役立てるように、人々が実施できるように考えていることだ。

題名に惹かれて『知の即興空間』(山口昌男著・岩波書店)を読んだ。
「即興」のその字も感じられない本書は、知的文化人山口さんが自分の生活をエッセー風につづったもので、その中にたくさんの「教授」と呼ばれる人たちがでてくる。「教授」と呼ばれる人たちは、政府のお金で世界中旅行して、学会をして、難しい論文を発表する。本書では、ものすごくたくさんの知識をもって、政府のお金を自由につかえる権力をもっていて、世界中のすぐれた人たちと会うことができると語る。

そんなすばらしい人たちなのに、読んでいくうちに、なんだか、なさけなくなった。
そんなすごい力をもっている人たちなのに、な~んも社会の役にたってない。。。。
知識盛りだくさんの論文なのに、むずかしすぎて読めないよぉ~~~。。。。。
文章、はっきり言って、つまらんですぅ~。。。。。。。。。
わたしなんかより数千倍の力のある人たちが、その知識を一部の「会」の中でひけらかすだけなんて、もったいないなぁ~。

ホントウは、実は、「教授」と呼ばれる人たちは一般社会に貢献しているのかもしれないけど、すくなくとも、わたしはそういう実感は感じられないのです。伝わってない。残ってない。

そういう意味で、(話しが戻りますけれど)、『なぜ人は破壊的な感情を持つのか』という本はすばらしい。
なぜなら、宗教&科学の最先端の人たちが、「一般社会にどう貢献できるか」ということを底辺において活動しているから。

なんか、初春早々、いいヒントをもらえたような気がします。

« バカバカしいので、これっきりね。 | Main | もっとも「即興」を「即興らしく」表現できているホンモノの本、発見! »

Comments

ボク子さんはじめまして、キヌガワです。

仏教と科学者。
ダライ・ラマとダニエル・ゴールマン(ベストセラー『EQ-こころの知能指数』の著者)。
なんか意外な組み合わせですよねぇ~。

ただ最近は、宗教や科学や演劇やインプロや(?)、そういう媒体が分野を越えてつながりあう時代のような気がします。

彼らが追求しているのは、人間が破壊的感情を自分でコントロールすることができたら、もっと良い世の中になるんじゃないかということ。
そういう感情教育がすべての人々に必要じゃないか。ちなみに感情教育については、アメリカで少しづつ始まっていているそうです。

これは「インプロが教育に生かせるんじゃないか」という想いと共通する点があり、彼らの考え方・研究の仕方がとても興味深いです。

わたしも、河合隼雄さんの文章にはなんども勇気づけられています。わたしにも分かる言葉で書いてくれているのが、ほんとありがたい。

文化庁長官続投みたいですね。河合さんが文化庁長官になったからといって、文化の状況が良くなったかどうかは分からないけど、彼になら文化を任せてもいい。って信用できます。

わたしって単純かしら???(苦笑)

「即興」で検索してやってきましたが、とっても興味深くてちょっと遠いかもしれないけどTBさせていただきました。
感情について仏教的に科学的に話し合うって?!これ読みたいと思います。また、「おススメ本」にある河合隼雄氏、好きです。「魂にメスはいらない」を何度も読み返しています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56341/2475387

Listed below are links to weblogs that reference 仏教と科学:

« バカバカしいので、これっきりね。 | Main | もっとも「即興」を「即興らしく」表現できているホンモノの本、発見! »