• 2kanzensokkyou2_omote_72dpi_2
  • Matu_2
  • Header_2
  • 1394128_460716797382290_110141776_n
  • Symposium_2013
  • Img_4998
  • 20131018_092838
  • 20131020_134048
  • Nevaboyd
  • Garden

« ギャグからインド人 | Main | おりがみシアター「したきりすずめ」 »

May 23, 2005

一石二鳥の英語クラス

いよいよ大学の勉強が始まった。
通信大学からダンボールにいっぱいの教科書が送られてきた。
これから論文やレポートを山のように書かなくてはならない。

わたしはず~っとまえに、(中退したけど)大学で卒業論文を書いて、なんとかすれすれ最低ライン(苦笑)だったけど合格した。でもそのときは論文の書き方を、ぜ~んぜん分かっていなかった。
今考えるとひどいものでした(苦笑)。

この分からんちんのわたしが、ちょっとサルに進化したきっかけは、数年前に、ニュージーランドの語学学校で「アカデミック・イングリッシュ」というコースに半年行ったこと。
そもそもは英語を勉強するためだったんだけど、このコースは偶然にも大学に行く学生のための準備コースだった。

英語を勉強するのはもちろんだけど、同時に英語を使って、大学での論文の書き方を学ぶ。
たくさん英語で文章書いたし、構成づくりや引用のルールなど徹底的にやらされた。
最後の論文では、尊厳死についてのレポートを書いた。
このコース、大変だったけど、すんご~く鍛えられた。

ということを、そのときには気がつかなかったけど、今わかる。
このときの経験が、いかに大切だったかを。

今、わたしは論文がどういうものであって、どういうことを書けばいいのか、どんな本をどう読んだらいいのか、どう考えたらいいのか。ということが地図を眺めるようによく分かる。

英語を勉強するために行ったけど、一石二鳥だった。

日本の留学したい学生さん、こういう語学学校のコースに行くといいですよ。

« ギャグからインド人 | Main | おりがみシアター「したきりすずめ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 一石二鳥の英語クラス:

« ギャグからインド人 | Main | おりがみシアター「したきりすずめ」 »