My Photo
無料ブログはココログ

« 『The Arrival』の稽古 | Main | アイデアがぜんぜんまとまらない。 »

April 15, 2008

ディバイジングは産みの苦しみ。。。

朝から晩まで、お芝居の稽古。

午前中は、ず~~っとムーブメント。
なにしろ、年齢も育ちも国籍も違う人間達が、「グループ」として、これから1年近くもの長さで一緒に創作活動をしていくことになるので、まずはとにかく「信頼関係」が必要。

こればっかりは頭で分かっていても、そう簡単に築けるもんじゃない。
だから、徹底的にムーブメント。
お互いの身体にふれあい、使いあい、感じあう。それらのエクササイズを山ほど。
人を持ち上げたり、持ち上げられたり、アクロバティックなエクササイズたち。

最初は抵抗があったけど、滝のような汗をかいて動き回っていくうちに、だんだん気にならなくなってきました。

午後は、いくつかのGD。(グループ・ディバイジング)。

この物語には、巨大な船たちが空中を飛んだり、巨人が巨大掃除機のようなもので人々を吸い上げたりという巨大なイメージがたくさん登場するので、そのための創作。
どうしたら、それらのイメージを実現することができるか。
どうしたら、ショーン・タンが描いたクローズアップやロングショットを舞台に持ち込めるか。
これらが、わたしたちの大きな課題になっています。

また、スターウォーズを思い出させるたくさんのクリーチャーたち。
それを人間が演じるのか、それともパペットでいくのか、それともミックスするのか。
それらも、すべて試してみながらみんなで創りあげていきます。

わたしは、みんなの早口英語を必死に聞き取り、状況を把握し、ちょっとでも「イエスアンド」でみんなのアイデアを膨らませられたらなと思っています。

« 『The Arrival』の稽古 | Main | アイデアがぜんぜんまとまらない。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 『The Arrival』の稽古 | Main | アイデアがぜんぜんまとまらない。 »