My Photo
無料ブログはココログ

« いつか実現したい!「日本・インターナショナル・インプロ・フェスティバル」。 | Main | ディバイジングは産みの苦しみ。。。 »

April 14, 2008

『The Arrival』の稽古

ついに『The Arrival』の稽古が始まりました~。
この作品は、ショーン・タン原作絵本を舞台化するプロジェクトです。

台本は無いのですが、インプロではなく、ディバイジングと言われる手法で創ります。
「ディバイジング」というと、何やらものすごい手法のように思われる方もおられるかもしれませんが、簡単に言えば集団創作。みんなで相談したり、インプロしたり、修正したりしながら創っていく方法です。

もちろん演出家はいるのですが、演出家のプランを役者が演じるという手法とは違い、役者もたくさんアイデアを出していきます。

今日はいわばイントロダクション。グループとして作業をするために、お互いを知り合うことが前半のテーマ。自己紹介したり、いくつかのエクササイズをしたり。
午後からは、グループになってディバイジング。
いくつかのテーマに沿ってグループで作品を創り、それぞれが発表するというもの。
ひとつは、「旅先からの手紙」がテーマで言葉を使わないで手紙の内容を表現するというもの。
もうひとつは、「出発・到着」をテーマに、2人でストーリーテリング&シーンをジブリッシュで。

こういう作業は小劇団にいたころからず~っとやってきていることなので、わたしは抵抗なくすんなりと。というか、むしろ「うっはうっは」!。台本があるよりず~っと自分らしく表現できるので大好きな作業でした。

いつかは「産みの苦しみ」がやってくるのだろうと思うけれど、その時期がやってきても、この楽しさを忘れたくないなぁ~。

« いつか実現したい!「日本・インターナショナル・インプロ・フェスティバル」。 | Main | ディバイジングは産みの苦しみ。。。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« いつか実現したい!「日本・インターナショナル・インプロ・フェスティバル」。 | Main | ディバイジングは産みの苦しみ。。。 »