My Photo
無料ブログはココログ

« 人とマネジメントWEB情報雑誌「現場イズム」 | Main | 「全国インプロ交流大会」できるだけ早くにお申し込みされることをお薦めしま~す! »

August 14, 2008

「Far away」は「Far away」,,,,

大学院の授業ドラマ711(シアター・プロジェクト)。
始まったとたんに急な変更が相次いでいて、スケジュールが大幅に遅れています。

このプロジェクトに関わる生徒は、わたしを含めて5名。
20代のアンドリュー、30代のポール、40代の女性、テリー、ナオミ、そしてユリ。

一番大きな変更点は、もともと演出を受け持つことになっていた南アフリカの教授ユッカさんがもろもろの理由でニュージーランドに来られなくなり、急遽ニュージーランド人の演出家レイチェルさんが担当することになったこと。そして演出家が変わったので、プロジェクト全体がまったく新しいやり方に変わることになったこと。

もともとはユッカさんから「芝居「Far away」の主役をやってほしい」とオファーをもらって参加することになったのに、当人が参加できないとは。。。

しかも新しい演出家レイチェルさんは、「演技をしたことのない生徒に経験をして欲しい」という理由で、できたら違うキャスティングにしたい気持ちもあるみたい。

私としては、いくら大学院のプロジェクトとはいえ、プロの俳優が出演したほうがいいだろう(素人さんを軽々しく舞台に乗せちゃいかんだろう)という気持ち+自分が出演したいという気持ちと、冷静に考えれば、別にわたしが出演しなくてもいいんじゃないか、「経験」という意味でやったことのない人がやってみるのも将来的にはいいことなんでじゃないか、どうせならやったことのないセクションにチャレンジするのもいいんじゃないかという2つの気持ちで揺れています。。。

「Far away」はものすごく表現の可能性のある現代劇なので、映像を使ったら面白いかもしれない。テレビスクリーン、ビデオ、プロジェクターを使って、思いっきりアバンギャルドな世界をつくり出すこともできるかもしれない。。。

そう思ったら、「演技」に固執しないで、美術監督として参加するのも面白そうだなぁ~と思っています。

そもそも、2つの芝居の台詞を同時に覚えることの大変さを感じていますし、、、、。

苦笑。。。。


« 人とマネジメントWEB情報雑誌「現場イズム」 | Main | 「全国インプロ交流大会」できるだけ早くにお申し込みされることをお薦めしま~す! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 人とマネジメントWEB情報雑誌「現場イズム」 | Main | 「全国インプロ交流大会」できるだけ早くにお申し込みされることをお薦めしま~す! »