My Photo
無料ブログはココログ

« わたしのエネルギーの源 | Main | バンクーバーで「インターナショナル・インプロ・フェス」 »

October 06, 2008

「わたしとディック・フラゼルの関係ー1人、30芝居、60分」。

来年の3月下旬に、オークランド大学院の研究のひとつとして、「一人芝居」をすることになりました。

タイトルは「The relationship between Me and Dick Frazzell-one woman, 30 plays, 60 minutes」
(長いですね~(苦笑)。)

訳すと、「わたしとディック・フラゼルの関係ー1人、30芝居、60分」。

つまり、たった一人で、30本のお芝居を、60分で上演するというもの。

30本を60分以内で上演するということは、1本あたり2分ぐらいの感じ。

しかも、30本のどれをどういう順番で上演するかは、その場でお客さんに決めてもらうことにします。

つまり、30本のお芝居は予め創られていますが、上演される順番が変わるというわけ。

これは、シカゴとニューヨークでロング・ランしているパフォーマンス「Too much lights baby go blind」から
インスパイアーされて、行なうことにしました。

30本の芝居を、これから創作することになります。

インプロバイザーとしては、脚本力、ストーリー構成力、言語能力、ひとりで舞台にたつ力、キャラクター・クリエーションなど、たくさんのことを学べるチャンスだと思っています。


« わたしのエネルギーの源 | Main | バンクーバーで「インターナショナル・インプロ・フェス」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« わたしのエネルギーの源 | Main | バンクーバーで「インターナショナル・インプロ・フェス」 »