My Photo
無料ブログはココログ

« 演技のトーンについて | Main | シカゴ・インプロ・フェスティバル »

January 31, 2009

お芝居「ねずみ狩り」の本番中!

お芝居「ねずみ狩り」の本番中!
というか、わたしにとっては千秋楽です~。
(今日のマチネ:2時からでございます~。)

そもそも3ステージなのであっという間だろうと思ってはいたのですが、本当にあっという間ですわ~(苦笑)。

初日・2日目と、台本はあるものの、全く違うムードでお芝居が展開しました。
千秋楽はどうなるんでしょう。楽しみと同時にちょっと怖いかも。(^^;)

そうそう。
客席一番前の列で観劇されると、とてもスリリリングな気持ちが味わえると思いま~す。
へへへへ。

それにしても。
今回は「演技」についていろいろと考えさせられる公演でした。
もちろん役者として舞台・テレビ・映画に出演するときは「演技」について考えるし、キャラクターづくりをします。そして通常はそれに対してコメントをしてくれる演出家という立場の人がいます。しかし今回は、演出のペーターさんが舞台に出演しているので、事実的に演出家が不在。客観的な目がないまま、自分で自分を演出する必要がありました。だから自分で方向を見定めなくちゃならない。だってコンパスが無いまま航海しているようなものですから。そういう意味で、いち役者としてだけの出演でしたが、実は演出家としてのセンスが問われた舞台だったし、演技についてもずいぶん考えさせられました。

これはとてもいい経験だったし、もっともっと追求できる部分だと思えました。

それにしても...

結果的にどうだったのか。

わたしはこれからどうしたらいいのか。

どこが良くて、どこを改善できたのか。。

この辺り、もし「演劇の神さま」がいるのならば聞いてみたいところです。

ここに書くと日本で仕事ができなくなっちゃうだろうぐらいの経験をさせてくださった皆さま、このプロダクションに関わったみなさま、明るく前向きな共演者のみなさま、来てくださったお客様、本当にありがとうございました!

« 演技のトーンについて | Main | シカゴ・インプロ・フェスティバル »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 演技のトーンについて | Main | シカゴ・インプロ・フェスティバル »