My Photo
無料ブログはココログ

« 入院して退院しました~<その2> | Main | 入院して退院しました~<Final> »

February 25, 2009

入院して退院しました~<その3>

さて、わたしが入院する前に心配していたことは、オークランド大学でのレクチャーでした。
現代日本演劇についての2時間のレクチャーで、間もなく開幕するオークランド・フェスティバルに日本の劇団「維新派」がやってくるということを記念してのものでした。

残念ながら、結果的には、このレクチャーは中止となってしまいました。
なにしろわたしが病院にいるということは、レクチャー自体成り立ちません。
企画をしてくださった方々には、本当に申し訳ないの一言です。

自分的にも、戦後の日本演劇の系譜やアングラ運動、舞踏、そして維新派について、ずいぶん資料も集め、時間をかけて原稿を立ち上げていた最中だったので、とても残念なことをしました。
集めた資料は、今後なにかに活かすことができるとは思いますが、、、。

それにしても、「どうしよう、みなさんに迷惑をかけてしまう!」というわたしの心配とは逆に、みなさんがレクチャー開催よりも、何よりも、わたしの病気を心配してくれたことに驚きました。
だって普通は、「いったい何なんだ。健康管理はどうなっているんだ。この負債はどうしてくれる?
責任感はないのか?」と迫られても仕方がない状況です。

それなのに、アドバイザーのエドモンド教授は率先してわたしのことを心配してくださり、
レクチャーをためらうことなく即刻中止してくださった態度には、本当に愛を感じました。

日本からも、入院を伝えたのはインプロワークスのスタッフとBIT(ビジネス・インプロ・トレーニング)のトレーニング・チームの一部だけだったのですが、みんなから温かいメールをいただき、本当に嬉しかったです。

病気になって始めて分かること。
それは愛。

チープな表現ですが、リッチな体験でした。

豊かだ。

« 入院して退院しました~<その2> | Main | 入院して退院しました~<Final> »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 入院して退院しました~<その2> | Main | 入院して退院しました~<Final> »