My Photo
無料ブログはココログ

« 俳優のみなさん、インプロをやりましょう! | Main | 集団づくり »

February 27, 2009

「The Resting Show」の稽古

4月18日から上演される「The Resting Show」の稽古が始まっています。
わたしは入院したこともあり、ちょっと出遅れ参加でございます。

演出は、ニュージーランドの怪物俳優ウォーレック・ブロードヘッド。
芝居歴40年。。。。
わたしは一度、彼と「ワイルド・キャベッジ」というお芝居で共演したことがあって、そのご縁で、今回ご一緒することになりました。

このお芝居はとてもユニーク。
まずお芝居の半分はそと。場所は工場がの跡地で、ものすごく変わった建物やコンクリートむき出しの壁がそびえているところ。この場所だけでもそうとう面白い。
そしてお芝居の後半は劇場で。つまりお客さんは移動しながらお芝居を観るというわけ。

さらにユニークなのは、題名でも分かるように「お休みタイム」があること。
劇中でリングマスターのような役目の人が、「ここでレスティング・タイム、お休みします。」と言うと、役者は今やっていたお芝居を中断して、自分にもどって休みます。休むといっても、だら~っと寝転んだりするのではなく、役者全員がその場で素で立ち、目をあけて、休むのです。まるで座禅を組んでいるときのように、目を開けて、休む。そして時間がたったらお芝居を再開します。

稽古ですでに、この「お休み」を練習(?)したのですが、これは本当に面白い経験です。
役者ですから、どうしても何かやりたくなってしまう。「お休み」なのですから、何もしなくていいのに、「休んでいる」を演じたくなってしまう、、、。

ウォーレックはそういう意図でこのアイデアを考えたのではないと思うけれど、これは役者に対して、とてもすばらしいトレーニングになるんじゃないかしら。

ストーリーは、ゴールド・ラッシュで金を儲けようとやってきたカウボーイの話。
たくさんカウボーイが出てきます。そして馬も。
女のキャラクターはたった2人で、わたしはそのうちの一人、シドニーという金に翻弄される悪女を演じます。ウォーレックの要望で、「芸者」のような外見と立ち振る舞いをする予定。

彼の演出はものすごくいいです!
すでに明確なヴィジョンを持ちながら、どんどん役者の良いところを引き出していきます。
最近は、わりとヴィジョンを持っていない演出家と仕事をすることが多かったので、ウォーレックの明快さはわたしにとって嬉しく、刺激的!こちらがやればやるほど、反応が返ってくる面白さ。そしてチームをまとめていく温かいリーダーシップがあります。

わたしはとても嬉しくなって、次の稽古が待ち遠しくてたまりません!

« 俳優のみなさん、インプロをやりましょう! | Main | 集団づくり »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 俳優のみなさん、インプロをやりましょう! | Main | 集団づくり »