My Photo
無料ブログはココログ

« 集団づくり | Main | 恒例「海外ワークショップ・観劇プログラム」。 »

March 01, 2009

人に「本気」になってもらうためには、自分が「本気」じゃなきゃね。

「The Resting Show」の稽古。

演出家のウォーレックが、みんなをどんどん「本気」にさせていく。

出演者のほとんどが演劇をやったことのない素人さん。
しかも年配者がほとんど。
最初は「へらへら」して「わたし演技なんてハズカシくて。できないわぁ~」ともじもじ恥ずかしがっている素人の人たちを、どんどん「真剣」にさせていきます。。

それは、ウォーレックの態度、話すこと、やってみせること、コメント、提案するエクササイズのすべてが信頼できるものであり、温かく、かつ、ものすご~く真剣だから。

人をちゃかさない。
やっていることをごまかさない。
(これはウォーレックの生き様がまさにそうだから。)

その姿勢は、本当にすばらしい。

わたしは、この仲間に加えてもらって本当に幸せものです。

わたしもウォーレックから学んでいることを、ぜひ日本での活動に活かしたいと思います。


« 集団づくり | Main | 恒例「海外ワークショップ・観劇プログラム」。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 集団づくり | Main | 恒例「海外ワークショップ・観劇プログラム」。 »