My Photo
無料ブログはココログ

« 研修のシーズン | Main | ハワイにてインプロ・フェスティバル »

April 05, 2009

ほとんどが裸....

今日は一日中、お芝居「The Resting Show」の稽古でした。

出演者のほとんどは、演劇をやったことのない素人さんたちばかり。

絵描き、工事現場で働いている人、リタイアーした人、カウンセラー、学校の先生、牧師さん、主婦などなど。。。

彼らは、昼間普通に仕事をして、家族もあって、でも自分の「何か」のためにこのお芝居に参加することを決めたのです。お金がもらえるわけでは無く、有名になれるわけでも無く、楽ができるわけでも無く。

自分のアイデンティティのため。

自分へのチャレンジのため。

ほとんどの人が、参加の理由をそう答えています。

お芝居の中で2箇所、出演者が裸になるシーンがあります。

演出家のウォーレックが稽古中に「裸になるシーンがあるんだけれど、裸になってもいいという人がいたら僕に教えて。でも無理に名乗り出ないでね。これはデリケートなことだから。。。」と。

最初に申し出たのはわたし。経験あるし。
他の人は、一般人だし、ほとんどがおじさん+おばさん(中にはおばあさんも)。だから、きっと、ほとんどの人がNGだろうと思っていました。

んが。

びっくりすることに、ほとんどの出演者が裸にOK。

男性陣は全員オッケー。

女性陣は、若い女性2人がNGなだけで、年長者(おばさん+おばあさん)も裸にオッケー。

ストーリー的にわたしのキャラクターが裸になるということはなく、早々に挙手したものの、わたしの裸シーンはなし。そして、それ以外の挙手した人たち全員が裸になることに。

いやぁ~、日本では考えられないことでしょうね~。

プラス、お客さんのタイプも日本とは違って(日本の場合、舞台で女優さんが裸になると2チャンネルで話題になってしまうけれど(苦笑))、ニュージーランドのお客さんは舞台の裸を「芸術」としてリスペクトしてみるので、きっとすばらしい舞台になると思います。

それにしても、とても面白い環境での芝居づくりに参加させてもらって、とても貴重な体験をさせてもらっていると痛感している毎日です。


« 研修のシーズン | Main | ハワイにてインプロ・フェスティバル »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 研修のシーズン | Main | ハワイにてインプロ・フェスティバル »