My Photo
無料ブログはココログ

« 修士課程ラストスパート。 | Main | 日本に帰国しました~。。。 »

July 09, 2009

ジェーン・カンピオン監督の新作「Brght Starts」

オークランド・インターナショナル・フィルム・フェスティバルが始まりました。
オークランドのフィルム・フェスは年々ファンを増やしていて、今年もすでにチケットの売り上げがとてもいいらしいです。

今日はオープニングとして、ジェーン・カンピオン監督の新作「Brght Starts」が上映されました。

(去年もここにいたっけ。去年は、夫がプロデュースした映画がオープニングだったのです)。

映画館は、古い歴史をもつシビック・ホール。西洋風のつくりの3階まである大きな劇場が満杯。満員御礼だそう。
TVのカメラが入っていたり、そこここに有名な映画関係者がいて、オープニングに相応しい雰囲気!

さて、ジェーンの新作。
(なにしろ、ジェーン・カンピオンはニュージーランド人ですので、こちらでは圧倒的な人気です)。

詩人キーツとその恋人の悲恋を描いています。現実にあったことがベースになっていてストーリーとしては単純なのですが、ジェーンの非凡な才能がちらちらと見え隠れする作品。
衣装がステキ。いつもながら映像はすばらしい。構造とアイデア。絵画からの引用。

映画が終わってから、夫とバーで映画談義。
夫は「エンジェル・アット・マイ・テイブル」でジェーンと一緒に仕事をしたことがあり、個人的にも知り合いということで、そこからの視点での感想。「ジェーンはお決まりのドラマティックなシーンを嫌うんだよなぁ~。」と。

ストーリーがあって、その「どこ」を切り取って、お客さんに見せるか。
「どこ」を見せないか。

これが演出家の選択であり、味になるんですね~。

この映画祭では、「ロード・オブ・ザ・リング」でオスカーをもらった友人のグラントが始めて監督したショート・フィルムや、夫が特別出演している(夫は「始めて映画の映像に出演した!」と喜んでいました。いつもはカメラの後ろにいる立場なので。。。)、ニュージーランドのカメラマンについてのドキュメンタリーが上映されたりして、わたしたちにとっては、いつも以上に見逃せないフェスティバルです。

わたしは明日から東京。

ちょっと残念だなぁ~。。

« 修士課程ラストスパート。 | Main | 日本に帰国しました~。。。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 修士課程ラストスパート。 | Main | 日本に帰国しました~。。。 »