My Photo
無料ブログはココログ

« フォーラムシアターを学ぶ。 | Main | 「フォーラム・シアター」2日目。 »

July 28, 2009

劇団東京オレンジの「インプロビゼーショナル・シアター」。わたし的楽日。

昨日は劇団東京オレンジの「インプロビゼーショナル・シアター」の本番でした。
公演自体は明日までなのですが、わたしは今日で終わり。

前半の「ピクチャーズ」、後半の「フリースタイル」の両方に出させてもらいました。

舞台で即興する人たちは、台本や段取りに従って動くだけではなく、自分が「演出」であり「作家」であります。
ですので、稽古では、それぞれが俳優だけではなく「演出」「作家」としての技量も養うことになります。

そして、出演者がたとえば10人いたら、10人の「演出家」「作家」になりうる人たちがいるわけで、その全員で「協働創作」していく作業がインプロ・パフォーマンスです。

ぶっちゃけた話、「積極性」+「妥協」の両方が必要となります。

自分のアイデアだけを押し通そうとしても無理。ある程度の「妥協」=「自分のこだわりを捨てること」が必要。それは自分のアイデアを捨てることにもなります。んが、それがグループとして、「今の瞬間」としては、ものすごく必要だったりします。

たとえば、船が沈没しそうになっているとき、いくら大事でも自分の大きな荷物は捨てていかなくてはならない。それより大事なものを守るために。それとちょっと似ている感覚かもしれません。。。。

それができない場合、自分の荷物と一緒に溺れてしまう羽目になります。

プレーヤーはこういう所を理解して、それぞれを尊重できるような紳士的態度が必要となります。

まぁこれはあくまでも「理想」であって、「現実」ではなかなかできないことなんですがね~。。(苦笑)。。。

« フォーラムシアターを学ぶ。 | Main | 「フォーラム・シアター」2日目。 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« フォーラムシアターを学ぶ。 | Main | 「フォーラム・シアター」2日目。 »