My Photo
無料ブログはココログ

« ニュージーランド・インプロ・フェスティバル | Main | サンフランシスコで「ライフ・ゲーム」。 »

August 12, 2009

ミシンに2日。

わたしの手抜かりで、ゼッケンを15人分作ることになりました。

「わたしの手抜かり」とは、本当は、別の人たちにお願いする予定だったのだけれども、わたしがお願いするのを忘れてしまったのでした。。。

法人にしたばかりで、仕事は山のようにあります。
こんなことをしていて、いいのか、社長~。。。。(苦笑)

さて。

ニュージーランドの自宅には、山のように端切れがあります。「The Resting Show]のときに、衣装を作ったときのあまり+わたしのコレクション(キレイな布を集めるのが好きなので。。。)。馬鹿でかいトランクに、ぎっしりの布。

それをかき集めて、ゼッケン作成開始!

実は、わたし、ミシンを使うのも大好きなことの一つ。

ペダルを踏むと、機械ががががが~っと動き、それを微妙に動かしながら、作品を創っていくのが好き。

あれ。

「わたしの手抜かり」と言ったけれど、実はわたしが一番、楽しんでいるかも。。

うふふふふ。

どうせ創るなら、それぞれ違う色がいいよね~。
どうせなら、それぞれに個性を付けたいよね~。。
ゼッケンの予定が、まるでスタジャンのワッペンのようになっていきます。

う~ん。なかなか、いいかも!(ニッり!)

そして。

なんと、まる2日、ゼッケンづくりに勤しんでしまいました。。。。

他の仕事、遅れてます、、、、、。。。(冷や汗!)

大丈夫か、社長~。。。。。

« ニュージーランド・インプロ・フェスティバル | Main | サンフランシスコで「ライフ・ゲーム」。 »

Comments

こちらこそ!
ぐいぐい縫えるのが、一番ですよ!
日本も10年以上前は、かなり高価な物でしたが、時代は
容赦なく変化してますよね。変化してないのは、日本の文化でしょうかね〜。ハハハ チョイと話が逸れましたね。
ではまた!

H〜i Yuriさん!久々に”ペタルを踏む”と言う言葉を聞いた様な気がします。最近のミシンは、スイッチ一つでスロウにもなる様な優れものが主流になっているので。でも問題は、そこではなくて、社長自らショーの為にミシンを掛ける姿を想像した時のイメージです。私としては、そんな社長は、最高だと思いますね!!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« ニュージーランド・インプロ・フェスティバル | Main | サンフランシスコで「ライフ・ゲーム」。 »