My Photo
無料ブログはココログ

« 知りたい気持ち~。 | Main | なんで、こんな単純なことが楽しいんだろう?? »

August 05, 2009

RADAのインプロの先生。

ロンドンの国立演劇学校RADAでインプロを教えているクリストファーとメールのやりとり。
(60年代には、キース・ジョンストンがインプロの先生でした)。

インプロを演劇の生徒たちにどう活かしていくか。
彼が教えているのは、純粋な「インプロ」ではなくて、舞台俳優のための「インプロ」。どんなことを教えているのか、とても興味のあるところです。

ロンドンの情報誌[The Guardia」のサイトに彼のインタビュー記事が載っていました。

"演技する前に、どう遊ぶか(Play)を、もう一回学び直さなくちゃいけない”。と言っています。
また、演技について、演技では、「受け入れて積み上げる(イエスアンド)」は皆で何かを創りあげる人々を助ける基本的な態度だと言っています。そして、これは生活上の態度でもあると。

そして、面白いなと思ったのは、「ゲームは鏡ようなものだ。ゲームをやると、普段の自分の思考パターンを隠すことができないから。ゲームのルールに対して、自分がどう反応するかを観察すると、自分自身が見えてくる。もしそれが客観的に分かるようになったら、新しいやり方をすることができる。」

ゲーム(エクササイズ)は、自分を知るためにも使うことができる。。。

これは、ワークショップで参加者を見ているとよく分かることです。

自分についてはどうでしょう?

こんど、エクササイズをやるとき、自分を観察してみることにします。

クリストファーは、企業研修などでコンサルタントとしても働いているそうで、その分野についても、いろいろ話をしました。わたしの創ったプログラムについても興味があるみたい。

クリストファーとは、10月~11月のヨーロッパツアーのときに会う予定にしています。

« 知りたい気持ち~。 | Main | なんで、こんな単純なことが楽しいんだろう?? »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 知りたい気持ち~。 | Main | なんで、こんな単純なことが楽しいんだろう?? »