My Photo
無料ブログはココログ

« 「ワークショップの構造」について学ぶ。 | Main | 静岡県沼津で「コーチのためのインプロ・ワークショップ」 »

September 05, 2009

「友、我おもう。ゆえに我あり。」


小中学校で一緒だった友だちと久々に会いました。

久々とは20年ぶり。

正直に言うならば、会うはちょっと怖かったです。

相手がすごく変わっているような気がしたし、自分がどう思われるかが心配だったので。。

でも予想と現実のなんて違うことよ!

2人の友だちは、20年前と変わらない距離で、わたしに接してくれました。

嬉しいなぁ~。

「由美(私の本名)はさぁ~。子どもの頃から変わっていたよね~。バスケ部のユニフォームに短パンを導入したのは由美だったし(その前はブルマ)、本物を見たほうがいいって言って、バスケの日本VSロシアの試合を見るために、国立競技場に連れていってくれたよね~。」

へぇ~、そうだったっけね、わたし。。。

彼女たちは、私が忘れていた私を思い出させてくれました。

もし彼女たちに会わなければ、その私に再会することは無かったでしょう。

デカルトは言いました。「我おもう。故に我あり。」(コギド・エルゴ・スム)

キヌガワは言いました。「友、我おもう。ゆえに我あり。」

« 「ワークショップの構造」について学ぶ。 | Main | 静岡県沼津で「コーチのためのインプロ・ワークショップ」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 「ワークショップの構造」について学ぶ。 | Main | 静岡県沼津で「コーチのためのインプロ・ワークショップ」 »