My Photo
無料ブログはココログ

« 「インプロ」再考。そこでしか生まれない、そこだからこそ生まれる形を探していくべきなんじゃないか。 | Main | ヴォーツバーグ・インプロ・フェスティバル:さまざまなショー。違い。特徴。 »

October 23, 2009

ドイツのヴォーツバーグで「インターナショナル・インプロ・フェスティバル」

ただいまドイツのヴォーツバーグで「インターナショナル・インプロ・フェスティバル」に参加しています。

昨日は万歳ツィンズの単独公演でした。キャパ150席ほどの小さな劇場でしたが、満員御礼。
と~っても好評でした。何しろ、海外では男の子のインプロバイザーが圧倒的に多い
ので、男女2人組のグループはとても珍しいのです。

さて、このフェスティバルは、今年で8年目になります。
ここのフェスティバルの特徴は、ベースがワークショップにあること。
ワークショップが8種類。8人の先生によって、朝9時(!)から夕方5時まで。
つまり、ワークショップ参加者だけで、すでに150人ぐらいの人が集まっているわけです。この参加者がそのままショーも観ることになるので、動因がスムーズです。

さて、このシステムが成功しているのは、まず施設がとても充実していること。宿泊とワークショップ会場は同じ施設内にあり(建物は石造りの古い建物。昔は女性用の監獄だったそう)、食事もちゃんと朝昼晩出ること。(しかも豪華!)ワークショップに参加した人たちは、充分な交流ができるわけです。しかもフェスティバル・オフィスも、毎晩行なわれるパーティもとなりの建物。劇場も歩いて行ける距離。迷うことがありません。

昼間はワークショップをやって、夜はショーを観る。完璧にインプロに浸れる環境です。

「8つのワークショップは、ちょっと多すぎるかもしれないなと思ったんだけど、、」
主催者のナーディンは言います。
「でもね、ワークショップは告知してから、3日でソールドアウトになったの。」

3つの劇場で同時に開始されるショーも、すべてソウルドアウトでした。

そして、この町は、お城だらけ。
シンデレラが住んでいそうな、すてきなお城たち。。。
夜はライトアップされて、本当にロマンチック。

残念ながら、まったく観光する時間はないのですが、
窓から見えるたくさんのお城に癒されてます。。。。

« 「インプロ」再考。そこでしか生まれない、そこだからこそ生まれる形を探していくべきなんじゃないか。 | Main | ヴォーツバーグ・インプロ・フェスティバル:さまざまなショー。違い。特徴。 »