My Photo
無料ブログはココログ

« 自分を信じて、自分の声に耳をかたむけよう。真似なんかしないでさ。 | Main | フェスティバルに復活することになりました。 »

January 07, 2010

インプロは演劇だぁ~!!!!

アメリカ・LAから、嬉しいニュースが届きました。
長年インプロをやっている俳優ダン・オコナーさんが、The Applied Impro Network(応用インプロのネットワーク)のMLに書き込んだニュースです。

日本の人たちにも海外の状況を知ってもらうためにも紹介します。

***

<ダンからの書き込み(絹川翻訳)>

インプロヴィゼイショナル・シアター(即興演劇)についての、ポジティブな一歩があったので、みんなと分かち合いたくてメールしました。ここ何年も、わたし達のカンパニーは、なかなか「演劇」として評価されることがありませんでした。問題は批評家が「即興は演劇じゃない」という視点を持っていること。ここ3年間、批評が出なかったのですが、嬉しいことに、わたし達のスタイルがやっと「演劇」として認められてくるようになりました。

http://www.laweekly.com/2009-12-31/stage/recession-be-damned-best-theater-of-2009/2">http://www.laweekly.com/2009-12-31/stage/recession-be-damned-best-theater-of-2009/2">http://www.laweekly.com/2009-12-31/stage/recession-be-damned-best-theater-of-2009/2

自分のカンパニーを誇らしく思うし、演劇として認めらたことがとても嬉しいです。

ダン・オコナー

***

彼らのグループは、おそらく10年以上は活動していると思います。
プレーヤーのほとんどはプロの俳優さんですてきな人たちがそろっているし、ダンはその中でも飛びぬけていて、TVのホスト役とかコメディ出演とかばんばんやっている出世頭。
そんな高いレベルのグループでも、なかなか「演劇・劇団」として認められてこなかったんですね~。

もちろんアメリカではインプロはとても人気があるし、みんなが知っているエンターテイメントであります。しかし、カテゴリーとしては「インプロ」=「コメディ」。そして「コメディ」と「演劇」は、ちょっと違うジャンルとして分かれているようです。。。。

:::::::

さて、わたし達インプロ・ワークスは、(ダンと同じように)、「インプロは演劇」だと思っています。
そしてそれを、日本の皆さまにも知っていただきたいと思っています。個人的には、まず演劇人や演劇のお客さんたちに知って欲しいと思っていたのですが、ここの人たちが一番「頑な」かも。なかなか興味をもってもらえるまでには時間がかかりそうです。

むしろ「あまり演劇を観たことがない」お客さんから、「ものすごく面白かった!」という感想をいただきます。たとえば昨年長崎で700人の中学生を対象に上演した「インプロ・パフォーマンス」が大好評で、たくさんの感想をいただきました。わたし達はそういうお客さんとも、もっともっと出会っていきたいなと思っています。

海外でも、わたしたちと同じように、「インプロは演劇だ」と思っているグループはたくさんあります。
そして同じフラストレーションを抱えているよう。彼らの言い分としては、「ヘタなインプロ・グループやヘタなインプロバイザーは舞台に立つのを辞めて欲しい。なぜなら、それを見たお客さんが、インプロ=つまらないもの=演劇じゃない。と判断してしまうから。」ということがあるようです。一度「つまらない」と思ったお客さんにもう一度来てもらうのは難しいですので。。。。

もちろんその逆の考え方の人たちもいるわけで、「インプロはコメディだ!」というポリシーで活動をしているグループもあれば、まったく演劇経験の無い人たちが「舞台に立ってもいいじゃん。」と公演を重ねていくケースもいるわけです。また自分たちがいかにつまらない舞台をやっているかを自覚していないグループもあるようです。(海外ではよく見かけます、こういうグループ。苦笑。)

いろいろありますが、そう考えると、即興演劇はまだまだ新しい世界ですね。
創られたばかりの、ヒヨコの世界。。
どう育つかは、どう育てたいかにかかっているように感じています。

そうそう、インプロはいろいろ誤解されることが多くて、「インプロはゲームだ」とか「インプロはポジティブじゃなくちゃいけない」とか「インプロは癒しだ」とか「インプロは宗教だ」(怖っつ)、いろいろ解釈されているようです。
そのうち、「インプロは政治だ」とか「インプロは飼い犬だ」とか「インプロはパチンコだ」とか、いろいろな解釈がでてくるのでしょうか。。。(苦笑)。。。

わたしたちは、同じ志をもった仲間に元気をもらいながら、一歩一歩、愚直に進んでいけたらなと思っています。

あ、そうそう。「インプロはえ・ん・げ・き」ですよ~。。


« 自分を信じて、自分の声に耳をかたむけよう。真似なんかしないでさ。 | Main | フェスティバルに復活することになりました。 »