My Photo
無料ブログはココログ

« 巣鴨です。 | Main | 5月27日「シアター・オブ・インプロ」 »

April 13, 2010

清潔な香港・自由な日本。

香港から友達がやってきた友達モニに久々に再会。
香港シアタースポーツ(チャンピオン・インプロ)のメンバー。

彼女のグループは香港で一番古いインプロのグループで、パフォーマンスのほかにエデュケーションとしてインプロを使った演劇を子どもたちに指導しています。若いけれど、これで飯を食っているプロフェッショナルです。

彼女とは、ず~っと前のカナダでのシアタースポーツの集まりで出会い、アジア・インプロ・ムーブメントの公演で一緒に公演した仲間。

香港の公演では、終演後、彼女たちに連れていってもらった「香港人しか行かない穴場のレストラン」が忘れられない。一見、こじんまりしたチャイニーズ・レストラン。彼女たちは席につくと、なぜかすばやく「お湯」を注文。持ってきた「お湯」で、予めテーブルに並べられていたお皿、お箸を洗い始めた。

「どうしたの~?」と聞くと、「中国のレストランを信用しちゃだめ。食器はすべて汚いから、洗わなくちゃダメ。」と。

なるほど。
お皿に盛られた食べ物に対しては、「これ、どんな味がするだろう?大丈夫か、これ?」などと訝しがることはあるけれど、お皿やお箸については疑問を持たなかった。。。。汚いか。。。そうなのね、香港。
ちなみに、運ばれた食べ物は、すべてほっぺが落ちる美味しさでした。

せっかく日本なのだからと、てんぷら専門店へ。
このお店は、目の前でてんぷらを揚げてくれるので、「見て美味しい。食べて美味しい。」のです。
ここでは食器をお湯であらうことはありませんでした。ただ外国人用に、「てんぷらの食べ方」というマニュアル・シートのようなものがおいてありました。なんでも、「やり方」が決まっている日本を象徴しているかのようでした。

インプロのこと、最近の生活のこと、中国と香港のこと(どうなるんだろ2046年)、日本の演劇状況、ファッションのこと、などなど話はつきづ。

違いは面白いです。

そうそう、インプロとはぜんぜん関係ないのですが、香港の男の子は日本の女の子が大好きらしいです。
モニが浴衣を着ていたら、彼女を日本人女性だと思った香港ボーイが、「見て、日本人の女の子だ。可愛い~!」って言ってたそう。(中国語だったから、彼女にも分かってしまったんですね。)

レストランの食器を、お客さんが洗う香港。
レストランでの食事の作法がルールづけされている日本。

同じアジアだけれど、ぜんぜん違う文化があります。

だからアジア、味あるわ~。

(最後は、日本人らしく、おやじギャグでしめてみました。苦笑)。


« 巣鴨です。 | Main | 5月27日「シアター・オブ・インプロ」 »