My Photo
無料ブログはココログ

« あなたはどちら?~「創り出す人」と「消費する人」~ | Main | 国際的コミュニティ「シアタースポーツ」チャット・ミーティング »

July 17, 2010

三島由紀夫「わが友、ヒットラー」

ザ・スズナリで、三島由紀夫作:ペーター・ゲスナー演出:「わが友ヒットラー」を観ました。

お芝居をみる前に戯曲を読んでおこうと思っていたのですが、時間がなく、予備知識無しでの観劇でした。
幸いに、パンフレットに概要や豆知識のような参考資料があったので、難なくストーリーを追うことができて、とてもリッチな時間でした。

三島由紀夫の芳醇な文章は、高級洋食レストランのビーフシチューみたい。
こくがあって、味わい深くて、かといってしつこくない。

この言葉を発するキャラクターを演じてみせる役者さんたちは大変だろうなぁ~。コンテキスト(台詞に書かれていない部分のテキスト)がめっちゃ必要だなぁ~。。。と思いながらも、「とにかく、言葉を聞かせてほしい。それでだけでいい」などと思ってしまったりも。

プロデューサーの綿貫凛さんは、「興行的に食指が動かない作品になぜかひきつけられてしまう。」(パンレットより)のだそうだけれど、わたし的には、もっともっと食指を動かしてもらい、演劇的に芸術的に社会的に必要な作品を、私たちに提案してほしいと思いました。

« あなたはどちら?~「創り出す人」と「消費する人」~ | Main | 国際的コミュニティ「シアタースポーツ」チャット・ミーティング »