My Photo
無料ブログはココログ

« <今日初日でした!>下北沢でインプロやってます。ぜひご来場ください! | Main | 三島由紀夫「わが友、ヒットラー」 »

July 15, 2010

あなたはどちら?~「創り出す人」と「消費する人」~

現代は、2種類の人に分けられます。
「創りだす人」と「消費する人」。

「創りだす人」はクリエーターであります。
野菜を作る人、家を作る人、自然環境を創り出す人、健康を創り出す人、社会の仕組みを作る人。

そして「消費する人」は、ものを買う立場の人。
新製品の発売に並ぶ人、バーゲンに行く人、病人、外国に行ってショッピングだけして帰ってくる人などなど。

そして、「創る人」はどんどん豊かになり、時間ができますので、もっと「創る」時間が増えて、さらに豊かになります。「消費する人」はどんどん貧しくなります。何かを消費するお金が足りないので、もっと働かなくてはなりません。働いたお金は「使う」ことでさらに「消費」されていきます。ゆとりはなくなり、遊び心はなくなります。目先の「刺激」を求め、どんどん「買う」。これって、結果的に自分を消費していることにもなりかねない。。。ですよね~。

日本には、ちょっとだけの「創造者」と、ものすごい数の「消費者」がいます。
ちょっとだけの「創造者」はものすごくお金持ちになって裕福な暮らしをし、圧倒的な「消費者」はどんどん貧しくなっています。すごいのは、「消費者」は自分が「ただ消費しているだけの生活をしている」ということに気がついていないし、もちろん罪悪感なんてもっていないこと。

格差は広がるばかり。。。

新製品に飛びつくのは刺激的かもしれないし、コンビニ弁当だけの食生活は超簡単。
バイキングで山ほどお皿にとって、山ほど残す。ものが壊れたら新しいのを買えばいい。結構なんでも安いしね。100円ショップで山ほど買うの、ほとんどは使わないものばかりなのに。新しいアトラクションが増えたら、何時間でも並んで乗る。車がステイタス。見栄えがステイタス。いつもお金のことを考えなくちゃ。お金のためならなんでもする。買いたいものが沢山あるんだもん!

でも、これらの(「消費する人が考える)「リッチ」さは、実は自分を消費しているだけ。
もっとも「貧しい」行為なのかもしれません。。。
至極の貧しさなのだということを、そろそろ気がついたほうがいいのではないかしら、知的日本人。

ただ、お金を儲けている人たちにとっては、自分がもっと裕福になるために、「消費する人」が必要なのだから、日本人の目ができるだけ覚めないようなワナを次から次へと仕掛けてきます。「消費する人」が飛びつくように刺激のあるもの、プライドや怠け心を刺激するような商品をどんどん出してくる。。。。

だから、よっぽど自覚していなければ、「消費する人」が「創り出す人」の世界へ移行するのは難しいのかもしれません。。。

難しいものですね。。。

できれば、わたしは、あまりワナに引っかからずに、「創る人」の側にいたいと思っています。

いろんな誘惑に惑わされないようにするのが大事ですね。。。。

あ、新製品♪♪

あああ、、、注意!

気をつけなくてはなりませぬ。

(苦笑)

あなたは、「創る人」ですか、「消費する人」ですか?

« <今日初日でした!>下北沢でインプロやってます。ぜひご来場ください! | Main | 三島由紀夫「わが友、ヒットラー」 »