My Photo
無料ブログはココログ

« ヨガ。 | Main | メルマガ発行! »

August 31, 2010

お芝居のリハーサル開始!

お芝居「The Seacret of Dongting Lake」のリハーサルが始まりました。

このお芝居は、中国の昔話がベースになっています。
キャストもほとんどがアジア人。中国人、韓国人、日本人(わたし)、フィリピン人など。

演出は、友人もあるベン・クラウダー。
このお芝居への出演を決めたのは、ベンが演出するからという理由が80%。
彼はディバイジングの手法で演出する人で、俳優のクリエイティヴィティを尊重してくれるので、わたしにとってはとても刺激的だしやりがいあるものになると思って。

私の役は、レディ・ウィステリア。
日本語で言うと、「藤の花の君」という感じでしょうか。
女王さまの近臣で、おっちょこちょいで涙もろいおばさんの役です。
わたし以外は20~30歳代の若いキャストなので、キャラクターだけではなく、このプロダクション全体の中でも、わたしは「おばさん」的立場で、みんなと関わることになりそう。

若いメンバーは経験は少ないものの自尊心がたかく、経験の無さを引け目に感じず堂々と表現するので、一緒にやっていても楽しいです。

今日は、スタッフなど関係者が全員集まっての顔合わせ。
たくさんの顔ぶれに、このお芝居にたくさんの助成団体が関わっていて、たくさんの助成金が出ていることを痛感。いい舞台にしたいというスタッフの気持ちが伝わってきます。

わたしは今までたくさんの海外の舞台に出演してきましたが、いっつもフラストレーションを感じてしまいます。それは日本のやり方と違って、海外ではEady Going になることが多いため。

たとえば時間がルーズだったり、約束を守ってもらえなかったり、お互いの主張が強すぎて折り合いに時間がかかったり。

でもそれは、あくまでこちらの言い分であり、勝手な思い込みであり、むしろわたしはその場のルールを受け入れなくてはなりません。

今回は、それを肝に銘じて、気負うことなく、自然体で関われるといいなと思っています。

« ヨガ。 | Main | メルマガ発行! »