My Photo
無料ブログはココログ

« | Main | お芝居本番中! »

October 05, 2010

ぜんぶ好き!

その他大勢(コーラス)のメンバーとして、途中から参加したモニカは、サモア人。

アジア人の血が、5分の一ぐらい入っているということで、キャスティングされました。
黒くて丸いヒトミで可愛い顔をしているけど、身体は巨大。100キロはたっぷりあるでしょう。
フィジーとかサモアとか島から来た人たちのことを「アイランダー」と言っているのですが、モニカはそのアイランダーの典型的な風貌。ものすごくシャイで、普段はほとんど口をききません。
いつも、「もっさぁ~」と座り込んでいる感じ。

家庭環境が複雑だそうで、5人兄弟で全員父親が違うのだそう。
住んでいるところもオークランド市内からものすごく遠いところで、(たぶん貧しく)、車が無いのでバスで通ってきます。

そして、日本人では考えられないことですが、稽古ではいつも30分以上遅れてきます。
本番に入って、通常は2時間前に劇場入りするのですが、モニカが登場するのはいつも開演1時間前。

「信じられない!!!」
「やる気あんのか~!!!」
「もう来なくていい!!」

と、どなりたいところですが、ここはニュージーランド。
しかも演出家のベンは温和な人で、「みんな、お互いに寛容に対応しようね。」というポリシーの持ち主。
なので、わたしは、怒りたい気持ちをぐぐっとこらえていました。

実際、彼女にやる気があるのか、楽しいのかそうじゃないのかぜんぜんわかりませんでした。

本番直前のある日、お芝居が終わって、ベンが「みんな、今回のプロダクションで一番楽しいのはどこ?」とキャスト全員に聞きました。

みんな、ひとつづつ、上げていきました。

最後にモニカの番。
毎日遅刻してきて、あやまりもしない、かといってしゃしゃり出ることもなく、いつも無口な彼女が、いったい何を考えているのか。。。みんなが注目します。

彼女は大きな声で(無口な彼女にとってはまるで吼えるかのように)、こう言いました。

「ぜんぶ!」

「わたしにとって、本当にすべてが、すばらしい経験です!ぜんぶ好き!!!」

わたしは今までのうっ血した気持ちがすっとんで、彼女のことがとても愛おしく思えました。
そして、彼女が遅れてしまうのはやる気の問題ではないということ。つまり、わたしは、態度が悪い=やる気がない。態度がいい=やる気がある。と人を判断しがちなんだなということに気がつきました。

そして彼女の時間の流れが、わたしの考えている一般的常識とはかなり違うのだということ。
彼女にとっては、毎日、遠いところから劇場に通うのはものすごく大変なことで、だから彼女なりに一生懸命であり、それは表面には見えないけれど、そこには彼女にとっての至難があるということ。


« | Main | お芝居本番中! »