My Photo
無料ブログはココログ

« ピーター・ジャクソン騒動 | Main | 君は大きすぎるね。 »

November 19, 2010

64才の手作りプレゼント。

64才の夫は、自分の弟グラハムの60才の誕生日のために、手作りのアルバムを作っています。

巨大なアルバム。表紙は知り合いの画家に手書きで描いてもらいました。

中身は、グラハムが産まれたときの写真から始まり、そのとき時の新聞記事、そのときに流行った料理の作り方(グラハムは料理好きなので)などを集め、その大きなスケッチブックに貼り付けています。

めっちゃ手のかかるアルバム作りです。

「業者に頼んだら?今ならインターネットで注文できるでしょう。」といったのですが、「ハンドメイドに意義があるんだから。」と。

わたしも記事の切り抜きや写真はりを手伝わされています。

それにしても、64才の男性が、自分の弟(60)のために、何週間も時間を使ってプレゼントをつくるなんて、日本ではあまり考えられませんね~。

何かを買って送るか。
仕事が忙しくて、忘れてしまうか。
そもそも、プレゼントなんかしないかな。

でもね、こういうことに時間を使うって、ステキだと思うんです。

家族と濃厚に付き合っていく。家族であることを慈しむ。楽しむ。味わう。

せっかく「家族」に生まれたなら、その関係を味わいつくすのは、生きているからこそできる素晴らしい可能性かもしれません。

みなさんは家族との関わりを味わっていますか???

« ピーター・ジャクソン騒動 | Main | 君は大きすぎるね。 »