My Photo
無料ブログはココログ

« 「なんとかなる」は幻想。 | Main | アートのもつ、さまざまな側面。 »

November 27, 2010

オペラを映画館で。

メトロポリタン・オペラの「Das Rhein Gold」を、映画館で観ました。

メトロポリタン・オペラはニューヨークにあるオペラハウスで、もちろん「舞台」なのですが、経済危機から脱出するため、上演したオペラを「映画館」で上映するシリーズを始めています。映画館で上演するため、オペラは何台かのカメラで撮影され、出演者や演出家のインタビューや、舞台裏の稽古場風景などもドキュメンタリー風に加えられていて、映画としても、なかなか面白いものです。

今回は、あの名演出家ロバート・デパルデューが演出するとのこと。
きっとハイテクなんだろなぁ~と思っていたら、やはりものすごいセットでした!
セットがあまりに重いので、なんと、オペラハウスの屋根を立替補強したそうな。

照明とセットの複雑な取り合わせで、夢のような舞台!
人魚が泳ぐわ、口からはコンピューターでプログラミングされた泡が、オペラ歌手たちの呼吸にあわせて出るようになっているわ、ワイヤーでつった主人公たちがか壁を床として歩いていくわ、巨大な龍やかわいいかえるが登場するわ、ゴールドの指輪が光り輝くわ。。。
ものすごいダイナミックな演出でした。

経済的危機だというのに、すごいリスクのかけかたです。
(自分がいかにスケールの小さな演出家かを思い知らされます~とほほほほ。(苦笑))。。

オペラは演劇と同じようにライブ芸術ですが、このように映画として上演することで、産業として生き残ろうとしています。応援したいです!

**

さて、そのスケールとは比べ物になりませんが、この映画鑑賞、なんとプライベートでの映画館貸切でした。

友人であり、ワーグナーとオペラの大ファンであるイアン・ジョンが、この映画を見逃したということで映画館と直談判。「20人集めれば、入場料$25で映画館で再上演する」ということで、なんと映画館を借り切ったのです。

日本ではきっと考えられない話ですが、オークランドの小さな映画館はフレキシブルに相談にのってくれるみたいです。プライベートなパーティなどでも活用できそうです。日本でも、気軽にこういうことがあるといいのにね。

でも、東京だと馬鹿高になるんでしょうねぇ~。。。。

« 「なんとかなる」は幻想。 | Main | アートのもつ、さまざまな側面。 »