My Photo
無料ブログはココログ

« 君は大きすぎるね。 | Main | 協力的なサポート体制にうるうる~。。。。 »

November 21, 2010

若い映画監督のメンターに。

今度、夫がプロデュースをする映画は、新人監督が演出を担当するローバジェット・フィルム(低予算映画)。
とにかく、ものすごく予算が少ない。ショート・フィルムの予算より、大学で講義するギャラより少ないそうだ。

「そりゃ、かなり少ないね~。」
まぁ予算のことは仕方ない。参加することに意義があるオリンピックみたいなものだもの(苦笑)。。

監督のサリーはニュージーランドで生まれたベトナム人。まだ、おそらく20歳代。おかっぱ頭に○めがね。
まるで「ちびまるこちゃん」みたい。会ってみたら、肌がものすごく奇麗で、おそろしく若い。

それなのに、ものすごくしっかりしていて、きちんとプランをたてている。
「スポンサーをつけようと思う。」とかビジネスについても、しっかり考えている。
こんなに若い人たちが映画をつくっているんだなぁ~。すごいですね~。

さて、長編映画を監督するのは初めてのサリーから「俳優さんを演出する自信が十分にないので、相談にのってほしい」といわれて打ち合わせ。どうやって俳優とコミュニケートしていくか、どのようにチームビルディングしていくかなを相談。近々、知り合いの俳優を集めてワークショップをすることになった。また今後は、メンターとして映画製作に関わることになりそう。

わたしとしては、こういう若い人たちと一緒に仕事をさせてもらうことで、自分自身をリフレッシュさせて、疲れぎみのエネルギーを新鮮なエネルギーに還元できたらと思っています。

« 君は大きすぎるね。 | Main | 協力的なサポート体制にうるうる~。。。。 »