My Photo
無料ブログはココログ

« 「12月」ーどの言葉を付け加えますか? | Main | 異質性・多様性に対する免疫のなさ。 »

December 02, 2010

年末の大掃除??? 自分の中の、”YES”と”NO”の整理

今は会社の代表取締り役であり、あるコーチングランキングで1位になるほどの優秀なコーチである、禅仲間のさっちゃんが毎月発行しているメルマガで、面白い質問が書かれていました。

それは、「本当は“NO”と言いたいのに、言えていないことは何ですか?」

彼女にとって、”NO"と言えなかったことは、会社員だった自分。
安定を求めるがゆえに、会社に勤めるということに”NO”を言うのがとても怖かったのだそう。
そして、勇気をもって"NO"と言って、独立して、今がある。
だから、この質問の問いに答えることが、彼女の人生を大きく変えたということ。

この”NO”という言葉、わたしにとっては、”YES”なんです。

つまり、さっちゃんは自分の本当の気持ちに”YES”した。
と、わたしは解釈します。

このように”NO”と”YES”は、視点を変えるだけで、同じ物事に使うことができます。
そして、一つの物事に”NO”ということは、別の面に”NO”ということであり、一つの物事に”NO”というということは、別面にたいしては”YES”と言っていることになります。

”YESと”NO”は、一者択一の関係ではなく、背中合わせの相互関係であります。

ですから、インプロをやっているときに、誰かのリアクションに対して”YES”できていないよね。という発言があったとすると、それはもしかしたら、単に一側面からの指摘であり、別の面から見れば何かに”YES”しているのかも。

ですから、大きな文脈やストーリーの流れという客観的で広い視点から見て判断しないと、その物事のすがたをはっきりと見定めることはできない。だから、簡単に、決め付けることはできない。
「これは”YES”だ」とか「これは”NO”」だとか簡単には言えないわけです。

話が文脈からそれてしまいました。(苦笑)

わたしが今朝、言いたかったことは、さっちゃんからの質問;自分にとって”NO”と言えてないことは何かな、自分の気持ちに正直になっていないことは何かな?と、考えたときに、浮かんだこと。

それは、「いつか使えるだろう。と思って、引き出しの置くにしまってある(というか放置している)物事」でした。

これ、使えないんですよね、きっと。
これらが場所をとっているから、新しいことが入る隙間がない。
データが重い。。。送信に時間がかかる。。。

(あれ、わたしのコンピューターみたいだわ。。。苦笑)

これは、わたしの過去をひきずっている性格に対しては”NO”なのですが、逆もまた真なり、自分の将来の可能性に”YES”していることになります。

こんな風に、ちょっと裏返して物事を見てみると、意外に単純に気持ちって整理できるものかもしれません。

みなさんも、”YES”と”NO”の整理をしてみませんか?

« 「12月」ーどの言葉を付け加えますか? | Main | 異質性・多様性に対する免疫のなさ。 »