My Photo
無料ブログはココログ

« アムステルダム・インプロ・フェスティバル3日目。 | Main | アムステルダム・インプロ・フェスティバル5日目。 »

January 28, 2011

アムステルダム・フェスティバル4日目。

アムステルダム・フェスティバル4日目。

今日は、「ミュージカル・シャドー(Musical Shadows)」と「ウィール・オブ・インプロ( The Whel of Improv)」。

「ミュージカル・シャドー(Musical Shadows)」は、「ピーターと狼」からインスパイアーされて創られたフォーマット。
音楽家とプレーヤーが一対になって、お客さんが選んだキャラクターを演じました。
ハープ=天使、ビオラ=役人、ピアニカ=召使、ピッコロ=プリンセス、パーカッション=ジプシー、チェロ=旅人。

即興ができるミュージシャンをこれだけ集めることができること自体がすごいです!
ここでは、面白いことをやっている人たち同士が、「面白いから一緒にやろう!」とボランティアでもセッションすることがよくあるようですが、日本では「ギャラ」が派生したり、「スケジュール」が合わないなどの理由でなかなか難しいことのように思えます。

シンプルなストーリーに、音楽の面白さが加わって、リッチなショーでした。

「ウィール・オブ・インプロ」はゲーム番組風のショー。
電飾で飾られたパネルや、色とりどりのルーレットや、商品がディスプレイされているエリアなどが設置され、ショーが始まる前には、メイクさんやアシスタントディレクターなどが舞台を行き来し、出演者は「素人さんがショーに出演している」という風に登場。エンディングには、銀色の花吹雪が舞うというゴージャスさ。
出演者は、商品をめぐって、ショートなシーンを演じていくという設定でした。
みんな、お互いをサポートしあって、とても面白いショーとなりました。

この日の演目は、それぞれがリッチで、それぞれが1時間は上演できるであろう可能性がありました。
逆に言うと、盛りだくさんすぎて、それぞれが少し物足りない印象になってしまったかも。

それにしても、毎回が別のフォーマットというのは、演出スタッフサイドにとっては、ものすごく大変なこと。
去年の「楽園」でのパレード3を思い出します。。。。。
まぁ、どんなに大変でも、やるだけの意義はあるのですけれどもね。

アムスのスタッフたちの情熱には脱帽です!

« アムステルダム・インプロ・フェスティバル3日目。 | Main | アムステルダム・インプロ・フェスティバル5日目。 »