My Photo
無料ブログはココログ

« アムステルダム・インプロ・フェスティバル始まってます~。 | Main | アムステルダム・フェスティバル4日目。 »

January 27, 2011

アムステルダム・インプロ・フェスティバル3日目。

アムステルダム・インプロ・フェスティバルの3日目。

ショーの前半は「ハロルド」
キキ、ティム、マチュー、ジェイムス、アニャ、リセトッテ、マリアン。
ショーの始まりは、お客さん(超満員!)に、フェスティバルのテーマ「ヒーロー」にちなんだ質問をいくつかして、そこからインスパイアーされたもの。
わたしはスーパー・ウーマン役で、スパイダーマン(ティム)と恋に落ちるストーリーの主軸に。
その他、さまざまなシーンがつむがれて楽しいハロルドでした。

今回、とても刺激になっているのは、プレーヤーとのセッション体験。
たとえば、こてこて本場「ハロルド」が、めっちゃ身体に染み付いているティム(シカゴ・セカンドシティ)と一緒に、稽古やショーをすることで、私の中のDNAがちょっと変化していっている感じ。

なにより知的で大人な感覚があります。セカンドシティの役者さんたちには。
それを久々に感じました。嬉しいなぁ~。

後半はカナダの「The theate of the world]のロングフォーム。
ウッディ・アレン風なドラマ。出演はたった2人:マット&ナオミ。
映画のシーンのような人間ドラマが切れ目無しに続き、ウッディ・アレン映画らしい甘酸っぱいサイコロジックなシーンでした。
2人ともとても魅力的な役者さんで、(トロント「セカンドシティ」のディレクターでもあるのですが)、すばらしい公演でした。

終演後は、”アムステルダム”こてこてのバーに集合。
お店を借り切っての飲み会。ここでも、インプロの話、ショーの話、インプロ・グループの話、フェスティバルを運営することについての話、共通の知人インプロバイザーの話、インプロの将来について。

わたしはフランスのマチューと「フェスティバルを運営すること」について、「演劇とインプロ」についてを長々と話しました。お互いに、演劇的な試みをもっとやっていきたいということで共感しながら。

出演者は全員、自転車をレンタルしていて、移動はすべて自転車。

アムステルダムの石造りの道を、カネルを横目で見ながら自転車で走るのは格別の気分です。

« アムステルダム・インプロ・フェスティバル始まってます~。 | Main | アムステルダム・フェスティバル4日目。 »