My Photo
無料ブログはココログ

« 即興はビジネスの理想モデル! | Main | 「殺すか・買わないか」どちらかにすると予防されます。 »

January 18, 2011

本音で生きているものごとの美しさ。

打ち合わせで国立へ。久々に行きました、国立。

ちいさいけど、おしゃれなカフェ、センスのいい洋服や小物を扱うお店、こころ和む花々を大事に扱っている花屋さんなどが点々と。いやぁ~、ステキな街ですね~。

その後、お芝居を観に初台へ。
新国立劇場の小劇場で「大人は、かく戦えり」を、「うずめ劇場」の松尾さんと一緒に。

この台本(Byヤスミナ・レザ:原題「Le Diu du carrage)はすでに読んでいて、「面白いなぁ~。いつか上演したいなぁ~」と思っていたので、わくわく!

いやぁ~、大竹しのぶさん、圧巻!すんばらしい!元気が出ました!

自分の良さ・好きなもの・いいと思うことを、妥協しない・流されないで、追求していった先の「街」や「お店」や「女優さん」を堪能した一日でした。

それは豊かで、どこかユーモアがある。人間らしさを恥らわずに表現しているというか。
そういう存在に共通しているのは、ものすごく正直な生き方。本音で生きている感じ。

これって勇気のいることだと思いますが、「わたしも、そういう生き方をしたい」と思いました。


« 即興はビジネスの理想モデル! | Main | 「殺すか・買わないか」どちらかにすると予防されます。 »