My Photo
無料ブログはココログ

« January 2011 | Main | March 2011 »

February 28, 2011

猫、高し。(冷や汗)

飼い猫のハチが入院。
首のあたりにできた瘤(うわっ、この漢字、怖い)を切除するため。
幸いなことに悪い腫瘍ではないのが安心ですが、、。

それにしても、猫ケアーもなかなかお金がかかりますな。

ハチの入院(&手術)は5万円でした。。(涙)。。。


February 25, 2011

がらくた満載のテクニカルリハーサル。

日曜日本番の「Nest」のテクニカルリハーサル。
The Basementという小さな劇場では、フリンジフェスティバルの2週間内で17公演が行われるため、総合舞台監督やスタッフはてんやわんや。楽屋にはそれぞれのプロダクション用の場所が設けられています。

わたしたちは即興でのパフォーマンスのため、設置は気楽なもの。。

と考えていたのですが、なんのその!

一緒にパフォーマンスするアート作家のジョンは、巨大はブルーシートや小道具(一見、がらくた)を持ち込んでくるわ(去年はコンクリートミキサーを使ったらしい、、冷や汗)、照明のステファンは、巨大な裸電球3つを天井からぶらさげ、OHPマシーンにタイヤをつけたものを2台持ち込んで、「どこにでも移動できるから、好きに使って」と言うし、ミュージシャンのポールはギター3種類、バイオリン、がらくた(のように見える楽器類)をバラバラと舞台におくし、車いすのドリューはもともと車いすというがさばったマシーンに乗っているのにプラスして、テーブルにはコンピューターや電気類、それに付属するコード類、特別なキーボードがごちゃごちゃ。しかも「今回はサックスも使いたいんだ」と、ピカピカのサックスを持ち込んできた!

セットするだけでも、ものすごく時間がかかるんじゃないかなぁ〜。。。

まぁ、僕たちは身体ひとつだけどね〜とダンサーのジョシュだけが涼し気。

プラス、わたしの懸念は、クライストチャーチの地震。
テレビ、ラジオ、新聞では、このニュースでもちきり。みんな心をいためています。

そしてこのニュースは多かれ少なかれ、私たちのパフォーマンスに影響を与えると思います。
私たちは即興で演じるので、自分が考えていることがもろに出てきてしまうからです。
今リハーサルをやっていると、どうしてもこの地震のイメージが出てきてしまいがち、、。
あんまり生々しいと、お客さんが引いてしまうんじゃないか。
すべてのイメージがどうしても地震災害と結びついてしまうね。。などど、出演者で議論しているところ。

いったいどうなるか。

いつも行っているインプロパフォーマンスとはまた全然違った体験になりそう。


February 24, 2011

いいときもあるし悪いときもあるさ。

人生は山あり、谷あり。

夫はオークランド大学から2つの授業(映画について)を担当する依頼を受けて、「これで収入が2倍になる!」と喜んでいたのですが、生徒がうまく集まらず、一つの授業がキャンセルに。
本業の映画撮影では、新米映画監督のわがままにほとほと疲れ、「も〜やめたい!」と愚痴愚痴。

私はというと、今週末から始まる「Nest」のテクニカルリハーサルがある矢先に、出演者の一人ミリアから「体調が悪くなって(彼女は妊娠しています)、とっても悲しいのですが出演は見送らせて。」との連絡。競演するのをとても楽しみにしていたので、がっかり。(しかも、これで出演者で女性はわたし一人に。)楽しみにしていたマオリ語のクラスにも入れなかったし、予定していたセーリングも夫の仕事の都合でキャンセル。

クライストチャーチのニュースもひっきりなしで、気持ちは暗くなるばかり。。。

反面、友だちのベンの赤ちゃんが生まれたり、はっちが結婚したり、心配してくれる旧友からメールをもらったり、インプロパートナーのヤンから新しいテレビドラマへの出演決定のニュースが来たり、名古屋の友達の新しいビジネスが成功したりと、うれしいニュースもある。

人生は山あり、谷ありです。

仏陀のように「何にもこだわらない」という考え方もありますが、わたしはむしろ、山の時は喜べばいいし、谷のときは上を見上げているといい。次に山がやってくるから。と考えたいなぁ〜。

みなさんは今、山ですか?谷ですか?


February 23, 2011

ニュージーランドの地震 その2

たくさんの方々から、「大丈夫!?」のメールをいただいています。
わたしはオークランド(ニュージーランドの北島)に住んでいるので、被害はありませんでした。
心配してくださって、ありがとうございます!

ただクライストチャーチ(南島)は、本当に悲惨なことになっています。
ラジオやテレビでは、ひっきりなしに状況を流しています。ニュージーランドでは最大の被害で、人々はショックを受け、次々におこる予期しなかった問題に無我夢中で対応しています。
水が足りない、飛行機が飛ばない、電話が通じない、病室が足りない、食べものの問題、メンタルケアーについての問題。

地震があった当日、テレビでは「心配するなら、電話はかけないでください。むしろ献血してください。血液が足りません。」と言っていたので、献血の予約をしようとしたのですが、次の日には「献血希望の人が多すぎて困っています。血液は足りています。」とのこと。状況は刻々と変化しているのを物語っています。

日本の留学生のみなさんのことも報道されています。
(もちろん、留学生は日本人だけではなく、他外国人の留学生も。)

普段テレビゲームや映画になじんでいますので、「瓦礫などは、巨人がちょいっと持ち上げればいいんじゃないの?」などど安易に考えてしまいますが、現実の人間の力は本当に微力なもので、つぶれた17階建てのビルにはまだ数十人もの人が下敷きになったままです。何もできない自分の小ささを感じます。ご本人、またご家族の方の気持ちを思うと、心が痛みます。。。

一人でも多くの人が助かりますように。

February 22, 2011

ニュージーランドの地震

ニュージーランドのクライストチャーチで大きな地震がありました。
何人かのみなさんから「大丈夫?」のメールをいただきました。ありがとうございました。

幸い、わたしが住んでいるオークランド(北島の上のほう)は大丈夫でした。
でも、地震があったクライストチャーチ(南島の下のほう)は本当にひどくて、
神戸の地震を思い出させる規模のダメージです。。。

テレビでは盛んにライブ中継されています。
ラジオのインタビューでは、”ビルの17階で仕事をしていました。地震の後そとに出てみたら、なんと17階が1階になっていました。このビルには英会話学校が入っていました。”などどいうショッキングな話しも流れています。

テレビでは「電話はすべてオーバーローディングですので、心配するなら、電話はかけないでください。
心配するなら、献血してください」と盛んに伝えています。

明日、夫と献血に行く予定です。

一刻も早く、多くの人が救助されることを、心から祈ります。。。

オークランドフリンジ/フェスティバル

「オークランドアートフェスティバル」が3月2日から始まります。
海外からはマギーマラン、国内からもダグラスライトなどの、すばらしいパフォーマンスが行われます。

プラス、それにちなんで、「フリンジフェスティバル」も行われます。こちらは2月25日から3週間。
こちらは、なんと50団体もの参加があり、連日20団体ぐらいのパフォーマンスが行われます。
ファスティバルとしては、なかなかの大規模なものではないでしょうか。
Auckland fringe

わたしもフリンジフェスに2作品出演します。アートインプロ集団「Nest」のパフォーマンスと、友人のお芝居「Standstill」にエキストラで。わたしの友人たちも、いろいろな企画で公演を行いますので、この期間はなかなか忙しくなりそう。

いろいろな人たちから刺激をもらって、自分の創作のエネルギーにしていきたいと思います。

泳ぎました。

あまりに暑いので、ビーチに。
ビールやワインやチーズをもって、水着を着て、タオルをもって。

うちの目の前がすでに海なのですが、うちの周りはマングローブが生えていて天然記念物保護地なので泳ぐことはできません。(カヤックならできるのですが)ですので、車で5分のビーチへ。
ついでなので、夫の弟夫婦もさそって。(彼らはバーベキューのミニセットを持っているんです。へへへ)

海は遠浅で、たおやかでした。。。

日本のみなさんには申し訳ないなぁ〜(苦笑)。

マオリ語を学ぶ!

今日から、マオリ語のレッスン!
今年の目標のひとつは、「新しい外国語の勉強を始める。」こと。

UNITECという大学で、マオリ語を無料で教えてくれるクラスがあって、そのクラスに入れてもらえることになったのです。わぁ〜い!

わくわく感100%で受付に行ったところ、「すべてのクラスに参加できないのならばだめです。」と。
「でも参加できるということで、今日、ここに来ているのですが、、」と説明したのですが、無下。

泣く泣く、帰ることに。

残念感200%でございます、、、。(涙)

でもせっかくなので、自力で勉強することにしました。

ハエレマイ!(マオリ語でウエルカム)

February 20, 2011

初映画監督:サリーちゃん。

映画「Timeslow」の最初の読み合わせ。
メインキャストとクルー(スタッフ)の顔合わせも兼ねています。

わたしは関係者ではないのですが、興味があったので参加させてもらうことに。
場所は郊外のアートセンター。この映画はあまり予算がないので、いろいろな部分で節約しなくてはなりませぬ。(ちなみに、夫:プロデューサーのギャラはものすごく安いです!実質、ファーストフードのアルバイトより安いかも。。。苦笑)

総勢30名。監督のサリーはまだ20代後半の女の子。このアートスクールでアートを教えるのがアルバイト。今回が初めての長編映画監督となります。(つまり、ものすご〜いビックチャンスなわけ)
しかも、衣装&セットのデザインもすべて彼女。意欲的です。

サリーは緊張気味。
そりゃそうですよね、二十歳代の女の子が、ベテランの俳優さんたちを使って映画を創るのですから。。
ぞくぞくとキャスト登場。ヒロイン役の女優さんは、ニュージーランドのテレビで有名な人。さすが、光っています!ダントツに綺麗!

読み合わせは3時間近くあり、「長い。」というイメージもありましたが、キャストもクルーも楽しく参加していたし、とてもなごやかな雰囲気がありました。

実はサリーから「読み合わせに参加してもらって、その後、俳優さんたちをどうやって指導したらいいか教えて」と言われていたのですが、わたしの助言など必要ないぐらい、俳優さんたちは協力的な雰囲気でした。これなら大丈夫でしょう、サリー!

February 19, 2011

うるさいアメリカ人?

夫がプロデュースをしている映画「Timeslow」の読み合わせのために、パーメメストンノースから、脚本家のスティーブがやってきました。数日うちに泊まります。

夫に「スティーブってどんな人?」と聞いたら、「うるさいアメリカ人」だと。(苦笑)

プチ心配していましたが、実物(本人)は、とても「気さく」でいい人でした。(^0^)〜。

ハリウッドでも脚本の仕事をしている人で、話がなかなか面白いです。

夫は「面白いアメリカ人」に認識を変える必要がありますね〜。

February 18, 2011

車いすのダチ

「Nest」のリハーサル。
ダンサーのジョッシ&ミリア、ミュージシャンのドリュー&ジョン、そして私。
アーティストのジョンは欠席。
リーダー&もう一人のダンサー、クリスティーンは仕事でウェリングトン。
本番当日じゃないと会うことができない。

本当にこれで本番が迎えられるんだろうかあ〜。。。

と本来なら心配するところだけれど、こういう状況はインプロパフォーマンスの場合よくあるので、わたしは大丈夫。。。

「ただ、もし、みんなが真剣にこのグループをやっていくのならば、ちゃんと稽古する必要があると思う。

と稽古後にドリューとバーで話し合い。(というか、飲み会;苦笑)

ドリューとは、昔からなぜか話がよく合う。彼はオークランドの小劇場の(ほとんどと言ってもいいかもしれない)、音楽を担当しているので、音楽のことだけじゃなく、演劇のことも造詣が深い。
以前一緒に仕事をした「The Secret of Dong ting Lake]でも楽しかったし、それ以外の現場でもなぜかちょくちょく会うなぁ〜。

ドリューは筋ジストロフィーで、いつも車いすで移動しています。
手が動かないので、音楽を創るときはギブスをしています。水を飲むのも、トイレに行くのも自分ではできません。ボランティアの人がいつもつきっきりで、彼の面倒をみています。
でも、頭脳は明晰だし、言葉もはっきりしているし、音楽のこととなると「天才」。
彼の創る音楽はものすごく繊細で、ものすごく大胆。

最初は、彼とどう関わったらいいのか、よくわからなくて「おっかなびっくり」話をしていたのですが、今では普通。キックをくらわすダチ。

「いつか、外国のインプロフェスに一緒に行こうよ!」

これが、わたしたちの共通の夢となりつつあります。

February 17, 2011

島で癒される。

オークランドでは、今いろいろなフェスティバルが開催されています。

今日はワイヒキ島で行われている「アートフェスエィバル」に行ってきました。
この島はオークランドからフェリーで45分。リゾートとして、かなり有名な島です。
アートフェスティバルは屋外で行われていて、島のあちらこちらにアートが展示されています。

巨大なトランプが丘に展示されていたりとか、裸の人々がのんびりとたっている姿のパネルが海ぞいの坂道に点々と展示されてたりとか、海の中に、たこつぼのようなアートが浮かんでいて、島からポンプで空気を送ると、たこつぼから黄色のチューブがのびるアートとか。

海をみながら、大自然の中をのんびり歩きながらのアート散策は、心身ともにいやされる時間でした。

その後、この島に住んでいるドイツ人の友達ギハードと合流。インドレストランで、お腹も満たされました。。


February 16, 2011

発音指導やらエキストラ出演やら。

友人アナスが作演出のお芝居「Standstill」のお手伝いをすることに。

ひとつは、ツアーガイド役が日本語をしゃべらなくてはならないので、その文章の翻訳&発音指導。
考えてみると、日本のツアーガイドさんは独特のしゃべり方をしますよね。普通の言葉と違う感じ。
「こちらに見えますのは〜でございます!」などど。

ガイドを演じるキャサリンとアナスと一緒にレッスン。
長さでいくと、4分ぐらいの台詞を覚えなくちゃならない。いやぁ〜これは大変だなぁ〜。
「もし覚えられなかったら、”はい、これが日本語ガイドです。”って言って、録音したユリの声を舞台で流そうかなぁ〜」と、キャサリン。よく分かるよ、その気持ち!

また、このお芝居の中で、外国人観光客が突然登場し、去っていくというシーンがあるらしく、そこに出演することに。まぁ、楽しそうだし。いいか。

ちなみにこの作品は「オークランド フリンジ フェスティバル」のひとつです〜。

February 15, 2011

怪しい宗教家や独裁者に気をつけよう〜。

「わたしは神に使わされたものだ!」

あやしい宗教家や独裁者から、幾度このような言葉を聞いたことでしょう。
このたぐいの言葉を堂々と言えてしまう人の「思い込み」の強さには驚くものがあります。

こういうたぐいの人たちに共通することは、自分に疑いを持たない。自分だけは正しい。自分を信じるものだけが正しい人間(時として僕)であり、自分を受け入れない人々は「馬鹿」である。という考え方。

「その思い込みはどこからくるの???」とつっこみたくなりますね〜(苦笑)。

わたしは、本物は、自分をも疑い問いを持つことを恐れない人たちなんじゃないかと思います。

仏陀が菩提樹の下で悟りを開いたとき、その教えを伝えるべきか、かなり悩んだと聞きます。
「こんなことを言って、人々は自分を信じてくれるだろうか。理解してくれるだろうか。」
キリストも、ミュージカルや映画の中でしか知りませんが(苦笑)、かなり悩んでいました。

これらの人たちの足もとにも及びませんが、わたしも自分に問いを持つことを忘れないようにしたいです。

また「これは絶対こうだ」と決めつける考え方や「自分は特別な使命をもって生まれてきた」という思い込みから、他人の人生に土足で入り込むような人に振り回されないように、災難を被らないように、むしろ、彼らを哀れむぐらいの寛容さと冷静さを持っていたいです。


February 13, 2011

アート:インプロ パフォーマンス集「NEST」稽古

インプログループ「NEST」の稽古に初めて参加。

このグループは、3人のミュージシャン、3人のダンサー、1人の彫刻家、数人の俳優での構成。まったくフォーマットを持たない、いわばアバンギャルドなインプロショーをする集団。

わたしは以前お芝居で一緒に仕事をしたミュージシャンのドリューから誘われて、稽古に参加することになりました。

いつもの「インプロ」は、基本的に演劇だったり、キースジョンストンやデルクローズから影響を受けたパフォーマーと一緒に行うので、だいたい考え方としては共通するものがあるのですが、今回はそういう人たちではないところが興味どころ。

セオリーをものすごく重んじて、時にその規則にがんじがらめになって、真綿でくるむようにショーを行っている人たちに比べて、こちらは大胆。ルールをぶっこわし、衝動にしたがってみようよ!という挑戦的な人たち。(そういう意味では、より「異物を受け入れる」器が大きいとも言えたりして。。)

わたしはダンサーのミリア+ミュージシャンのジョンとのトリオ、ドリュー+アーティストのジョンとのトリオでパフォーマンスした後、全員でパフォーマンス。

わたし以外のパフォーマーはわりと抽象度の高いパフォーマンス。「ノーストーリー」のおもしろさを追求している人たちなので、それらのオファーを尊重しようとすると、自然に「説明台詞」を言うことがなくなって、わたしも抽象度の高い表現に。そがれる感じで面白い。

その後、フィードバック。
発祥が違っていても、観客と分かち合うという共通した目的があることを確認した後、「だとしたらどうしたらいいか」という話し合い。その中で、グループとしての共通言語がだんだん生まれてくる感じ。いいなぁ〜。

その後、みんなの呼吸をあわせるためのエクササイズとダイナミズムを全体でつくっていくエクササイズを。

今年一番のあつさの中、みんな汗だく。

27日の本番まで、数日のリハーサルは続きます〜。


February 12, 2011

「King's Speech」

ゴールデン・グローブ受賞映画「King's Speech」を観ました!

主演:コリン・ファース、助演:ジェフリー・ラッシュ(!)

前評判どおり、すんばらしい映画です。
わたしは自分が俳優でもあるので、どうしても出演俳優の「演技」に目が行ってしまうのですが、そういう意味でも十分楽しめました。ちなみに、ジェフリー・ラッシュは、この映画ではプロデューサーでもあるんですね。つまり「自分が出たい映画を自分でプロデュースした」ということなのでしょうか。確かに当たり役です。すんばらしい。

俳優が共通して持っている「悩み」の一つに、自分が出演したい映画がなかなか無いということがあります。キャスティングされるのは、だいたいいつも同じような役柄ばかり。年をとると、年寄りの役割しかないし、女優だと本当に面白い役をもらえることは少ないです。

「だったら、自分で企画するさっつ!」

この精神、大事ですね。

わたしは猛烈にジェフリー・ラッシュに嫉妬します!

わたしも、自分がやりたいことを自分で企画していこうっと。

February 11, 2011

お勧め映画「127hours」。

ここところ、面白い映画をたくさん観ています!(飛行機の中で。というのも特徴かな。)

すごかったのは、映画「127houres」。
監督は、「トレインスポッティング」「スラムドッグ・ミリオンエアー」のダニー・ボイル。
(BAFTAに8つノミネートされていて、アカデミー賞に6部門でノミネートされています。)

巨大な岩に腕をはさまれて動けなくなった主人公が生還するまでの物語。
(結末はここでは書かないほうがいいと思います~。ぜひ観てください!)

この物語は本当にあった物語がベースになっているのだそう。
こういうすさまじい物語を見ると、「物語」という言葉が甘っちょろく感じるなぁ~。それではくくれない、何かすさまじい「塊」みたいな存在感。

この世の中には、まだまだ語られていない物語の塊が、ゴロゴロあるんだと思います。

そう考えると、この世の中は「驚き」の塊だといってもいいでしょう。

ビバ!

February 10, 2011

<2月13日(日)>遊ぼう会参加者募集中!

今週末の遊ぼう会、まだまだ参加お申込受付中です!

2月即興を遊ぼう会のテーマは、昨年好評だった「ジャンルで遊ぼう!2」

「ホラー」、「ラブロマンス」、「コメディー」「青春ドラマ」など
さまざまなジャンルでシーンをつくります。
どんなジャンルが飛び出すか、いろいろなジャンルを楽しみましょう!
どなたでも参加できます。
ご参加をお待ちしています!

 
【日程】2/13(日)13:30~16:00
【会場】笹塚スタジオ 渋谷区笹塚1-28-1
    http://yamabiko-no-kai.com/studio/index.html
【講師】島崎真弓
【料金】¥1500
【お申し込み】asobo_kai@yahoo.co.jpまでお名前とインプロ歴を記入の上お申し
込みください。 

参加費は当日受付でお支払いください。
動きやすい服装でご参加ください。
キャンセルの場合は必ず早急に連絡をお願いします。

連絡先:即興遊ぼう会制作グループ:ひみこ(廣瀬)&たみ(淡路)
asobo_kai@yahoo.co.jp
http://yurikinugawa.cocolog-nifty.com/asobo/

February 09, 2011

お勧めの英語:勉強方法は「TEDコンフェランス」を聞くこと!

英語の勉強をしたい方にお勧めする勉強方法は「TEDコンフェランス」を聞くこと!

TEDとは、 Technology Entertainment Designの略で、このコンファランスはアメリカはモントレーで年1回行われている講演会のこと。

このコンファレンスには、科学者、エンターテイナー、デザイナーなどいろいろな分野の人たちが講演を行っています。もともとサロン的な集まりだったそうですが、現在、講演会に出席するには年会費6,000ドルを支払って(日本円で約70万円)TEDの会員になる必要があるそうです。

ただし、嬉しいことに、2006年から講演会の内容がインターネットで無料で観られるようになりました!

Youtubeで検索してみてくださいね~!

講演者には、ジェームズ・ワトソン(DNAの二重螺旋構造の共同発見者、ノーベル賞受賞者)、ビル・クリントン(元アメリカ合衆国大統領、政治家)、ジミー・ウェールズ(オンライン百科事典Wikipediaの共同創設者)など、著名な方々も多々。

そのような高名な方々の専門分野のスピーチですから、内容が面白い!
しかも講演時間はわずか18分。この短い時間で、自分の専門分野について語るのですから、ものすごく濃密なプレゼンスキルなのです。

英語を学ぶというだけではなく、プレゼンテーションの手法を学ぶという意味でも、学術的なことを学ぶという意味でも、とてもいい教材になると思います。

こんな素晴らしいテキストが無料なんて、さらにステキ!!!!!!

わたしはまだ確認していないのですが、最近は日本語翻訳のサイトもできているそうですので、英語の勉強にはさらに便利です。

英語を勉強したい方にはお勧めのテキストです。

February 08, 2011

ドラマチック、「明日のジョー」

最近、ラジオでよく流れている曲が、尾藤いさおさんの「明日のジョー」。
(新しく映画バージョンができたようですね)

この曲、本当によくできているなぁ~って思います。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

サンド・バックに~、浮かんで消える。
憎いあん畜生の顔めがぁけぇ~。
叩け、叩け、叩け~!おいらは獣の血が騒ぐ~。(ワイルド~!)

 だけど、、、(急にさびしい感じ)、、。
 ルルルル~、ルルルルルルルル~。

(さびしさから立ち直って)明日は、きっと何かある~!

(問いで終わる。)明日はどっちだ?

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

最初はワイルドで、途中に急にさびしくなる。最後に立ち直って、クエッションで終わる。。

たった数分の時間の中で、ドラマチックな展開が行われていく、、、。

すんばらしい曲だなぁ~。。。。。

インプロのシーンでも、きっと短い時間でドラマを創ることもできるに違いありません!

February 07, 2011

東京オレンジ&インプロワークス=インプロおもしろ企画していきまっせ~!

東京オレンジの横山君とミーティング。
横山くんとは、何と12年もつかず離れずでインプロの公演をしています。
今だに、いろいろ面白いアイデアが出て、刺激的!
今年度に向けて、かなり面白い企画ができそう。

まだ公開できませんが、お楽しみに!

February 06, 2011

日焼けとシミ

久しぶりに実家へ。

日本にはちょくちょく帰ってきているのですが、なかなか実家には帰ることができなくて、1年ぶりぐらいに親の顔を見ました。

口には出さなかったのですが、「ずいぶん老けたなぁ~」と内心しみじみ思っていたところ、母のほうから開口一番「いやぁ~、あんたひどい顔しているね~。ものすごく日焼けしているし、しみがいっぱい!わたしのほうがず~っともち肌だわよぉ~。」だと。

確かに日焼けしてる。しみもある。

でも、あんたに言われたくないわ。。。

ぐぐぐ~。。。

いつものごとく、夕方からビール。
両親ともに「ニュージーランドに行きたい」という気持ちがあるのですが、「でも連れ合いとは行きたくない。」という気持ちもあるらしい。(苦笑)。

父は、近所のゴルフ友だちと。
母は、姉たち+孫と。

一緒に来ればいいのになぁ~と思うのですが、、、。

自分の親とはいえ、わたしがコントロールすることはできませんしね~。

トホホホ。

February 05, 2011

今日は「インプロ入門」!

みなさま、おはようございます!

いいお天気ですね~!

今日はワークショップ「インプロ入門」を行います。
すでに満員御礼だそう。わくわく!

このクラスは、インプロを体験するのはもちろんのこと、インプロの歴史を解説したり、基本的なインプロ用語の解説があったりして、ベーシックなインプロを学ぶにはお得な内容です。

3ヶ月に1回開催することになっていて、次は5月22日(日)です。

February 04, 2011

「目からウロコが落ちる本」にしたい。

新しい本についての企画ミーティング。

「目からウロコが落ちる本にしよう!」というのが目標。

今度の本は、一人で書くのではなく、茨城大学教授の正保先生+インプロワークス島崎真弓ちゃんとの共著です。

複数とのコラボレーションは時間がかかりますが、対話をしていく中で内容を深めることができるので、とても面白いです。

できたら今年中には出版したいなぁ~。


February 03, 2011

「役者の技術」を「社会貢献」へ

役者が、役者のもつ特殊技術「演技」によって、社会貢献ができる場を作るために、試行錯誤しています。

ウエイトレスやガードマンのバイトをするんじゃなくて、ちゃんと自分の技術でご飯を食べる。
そんな環境を作りたい。。。
役者が「役者」という仕事を誇りをもって行う環境。。。

誰に頼まれたわけではないのですが、なんだか「使命感」に駆られています。

だって、日本には、山ほど、面白い役者さんがいます。
すばらしい特殊技術があるのに、それを活かせないなんてもったいないです!

それを社会とつなぎたい。。。

今年には、なんとかレールを引ければ、、、。

今日はそのためのミーティングをしました。

役者さんと企業コンサルタントさんと。

February 01, 2011

日本へ帰国。

日本に帰国しました~!

東京はちょっぴり暖かい!
アムスは激寒さったので、、、。

フェスの余韻が身体に残っているのを感じます。
いろいろ頭を整理して、日本の仕事に戻る時間です。

自分が体験したことを、日本のみなさんに還元していきたいと思っています。

うまく言葉にできるといいんですが。。。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

« January 2011 | Main | March 2011 »