My Photo
無料ブログはココログ

« いいときもあるし悪いときもあるさ。 | Main | 猫、高し。(冷や汗) »

February 25, 2011

がらくた満載のテクニカルリハーサル。

日曜日本番の「Nest」のテクニカルリハーサル。
The Basementという小さな劇場では、フリンジフェスティバルの2週間内で17公演が行われるため、総合舞台監督やスタッフはてんやわんや。楽屋にはそれぞれのプロダクション用の場所が設けられています。

わたしたちは即興でのパフォーマンスのため、設置は気楽なもの。。

と考えていたのですが、なんのその!

一緒にパフォーマンスするアート作家のジョンは、巨大はブルーシートや小道具(一見、がらくた)を持ち込んでくるわ(去年はコンクリートミキサーを使ったらしい、、冷や汗)、照明のステファンは、巨大な裸電球3つを天井からぶらさげ、OHPマシーンにタイヤをつけたものを2台持ち込んで、「どこにでも移動できるから、好きに使って」と言うし、ミュージシャンのポールはギター3種類、バイオリン、がらくた(のように見える楽器類)をバラバラと舞台におくし、車いすのドリューはもともと車いすというがさばったマシーンに乗っているのにプラスして、テーブルにはコンピューターや電気類、それに付属するコード類、特別なキーボードがごちゃごちゃ。しかも「今回はサックスも使いたいんだ」と、ピカピカのサックスを持ち込んできた!

セットするだけでも、ものすごく時間がかかるんじゃないかなぁ〜。。。

まぁ、僕たちは身体ひとつだけどね〜とダンサーのジョシュだけが涼し気。

プラス、わたしの懸念は、クライストチャーチの地震。
テレビ、ラジオ、新聞では、このニュースでもちきり。みんな心をいためています。

そしてこのニュースは多かれ少なかれ、私たちのパフォーマンスに影響を与えると思います。
私たちは即興で演じるので、自分が考えていることがもろに出てきてしまうからです。
今リハーサルをやっていると、どうしてもこの地震のイメージが出てきてしまいがち、、。
あんまり生々しいと、お客さんが引いてしまうんじゃないか。
すべてのイメージがどうしても地震災害と結びついてしまうね。。などど、出演者で議論しているところ。

いったいどうなるか。

いつも行っているインプロパフォーマンスとはまた全然違った体験になりそう。


« いいときもあるし悪いときもあるさ。 | Main | 猫、高し。(冷や汗) »