My Photo
無料ブログはココログ

« ゴールデン・グローブ外国映画賞受賞「In a better world | Main | Must read! 日本の現代戯曲。 »

March 09, 2011

ランニングマシーンを使った演出。

友人;デンマーク人;アナスの作演出のお芝居「Stand still」を観ました。

出演者3人。
舞台には3つのランニングマシーン(本物)。

3人は、お芝居のほとんどをランニングをしながら行います。もちろん、それをギャグにしているわけではなく、ランニングのスピードや見せ方の角度をさまざまに変えて、いくつかの錯綜するストーリーにうまく取り入れていたのです。

最後は3人のランニングマシーンでのダッシュ。
生身の人間のエネルギーを、ダイレクトに見せる演出でした。

それにしても、すべてのストーリーをランニングマシーンを使って表現するなんて、初めて観ました。
アナスには才能を感じるなぁ〜。

わたしは2つの理由で、ちょっと切ない気持ち。
ひとつは、ツアーガイド役への日本語部分を翻訳し、発音指導したのですが、その部分は、上演時間の都合上カット。(たしかに本番では、その部分はあまり必要ではありませんでしたんが。)

また以前アナスからは、「ユリが出演してくれるなら、台本を書き換えるけど」と言われて、乗り気だったのですが、最終的に台本の書き換えが間に合わず、出演を断念することに。

お芝居が面白かったので、ますます「ああ〜、出演したかったなあ〜」という気持ちになるのでしょう。

いつか出演したいです。

« ゴールデン・グローブ外国映画賞受賞「In a better world | Main | Must read! 日本の現代戯曲。 »