My Photo
無料ブログはココログ

« 絹川ご挨拶。 | Main | そういうつもりは全くありませんでした。 »

March 18, 2011

自問自答。(長くて、ぐじぐじしています。) 

ワークショップを中止したものの、「本当にこれで良かったのだろうか」という疑問もあります。

「もしかしたら、みんなに元気になってもらうためにはワークショップをやったほうがいいのでは??」

いくつかの演劇公演が今でも上演されているのを見ると、自分の判断が正しかったのだろうかと自分に問いかけます。

わたしは、できるだけ信頼できる情報を入手しました。

心理学者は「被災していない人も、被災者に共感することで同じようなショックを受け、トラウマを抱えてしまう可能性があるので、”自分は大丈夫だ”と自分に言い聞かせること」といいます。

そういう意味では、インプロのワークショップをやって、笑ってストレスを発散させるのはいいかもしれない。

また、あるNPO法人のビジネスマンは「今回の地震は神戸のときとケースが違うので、政府や自衛隊に任せていないで自分達で動くべき。義援金より古着のほうが必要」と言っています。

なるほど。神戸と福島。同じ大地震でも違うのですね。ということは今までの地震の「経験」でものを語るのではなく、今起こっている地震がどういうものなのかをまず把握することが大事なようです。

そういう意味では、インプロワークスでも援助品を集めて送る活動をするか。。とも考えますが、もしそういうグループだらけになったら、、。どういうことが起こるか、簡単に予想ができますね。
(ちなみに、この方は、素人がボランティアで現地に入るのはやめたほうがいいと発言しています。遺体への対応とか、知識がないと対応できないことがたくさんあるようです。)

また、ある大学教授は「政府・東電の情報が遅く、被害を過小評価する解説が続いていることだ。首都圏から避難が必要ないと言い切る専門家もいるけれど、この後、大量の放射性物質が飛んできた場合、この人はどう責任をとるのだろう。」

さらにこの方(ああ、内田樹さん by 朝日ウエッブ)がおっしゃることには、”危機的状況では、リスクを過小評価するよりは過大評価する方が生き延びる確率は高い。避難が無駄になっても責める人はいない。「何事もなくてよかったね」と喜べばいい。「安全だ」と信じ込まされて、いきなり「さあ逃げろ」と言われたらパニックになる。メディアの報道では「避難できる人は避難した方がいい」という専門家の発言が抑圧されているように感じる。”

そうなのです、この災害は前代未聞。
今までの経験上で判断することができない災害なのです。
だから「今まではこうだった」とか、「前回はこうだった」という判断は通用しないということです。だから海外があんなに騒いでいるのです。

わたしは、先輩の演劇人にメールをしてみました。
「わたしたち演劇人になにができるのでしょうか。。」
その人からレスがきました。「絹川様 演劇にできることは、状態が落ち着いてからです。まずは、いまの危機を乗り切ることです。」

確かに!
状態が落ち着いてからのほうが、やっぱりいいように感じます。
さすが先輩!

と思ったら、それに続いて、「関東大震災のときもそうでした。」ですと。。。
やっぱり人間は経験からものを言ってしまうのですね!苦笑)

でもそうなのです。
こんなにひっきりなしに「何かしなくては!」「日本は復興するのだ!」というムードが流れているときに、何もしないでじっとしているのは、もっと辛抱のいることですけれども、この状態が落ち着くのを待つのも大事なことかも。

だから、何かアクションを起こしている人たちを見ると、私はこころがざわざわするのかもしれません。

いくつかの演劇を上演しているサイトを見てみました。
「劇場に来てくださるお客さんがいるかぎり上演したい」という、しっかりとしたステイトメントの上に上演を決めているようです。
公演中に地震が起こるかもしれないし、交通がストップするかもしれないのにです。

すごいなぁ〜。

わたしは、そこまで責任がもてません。
もちろん精神的にだったら「絶対やる!」って言えるんだけれど、具体的に現実的に、もし地震が起こって、ハプニングで照明器具でお客様が怪我をしたら?劇場で火事が起こったら?もっと悲惨な事がもし起こったら?劇場側主催側はどうやって責任をとるつもりなんだろう?取れる方法を持っているから開催できるんだろうか?

(そういうことが起こったら、、もしかして、そのときに考えるのだろうか?)

だとしたら、それって誰かの考え方と似ているように思えます。
必要だから作る。壊れたとき?それは、またそうなったら考えよう。まぁどうにかなるんじゃない?みたいな。

(そ、そんな訳ありませんよ、きっと。決死の決断なはずです。)

でも、わたしがもし上演主だったら、、、やっぱり今は「絶対大丈夫」とは言えません。
だから、もしわたしだったら「上演する」って言えないのです。
それと同じ理由で、やっぱり、わたしは「ワークショップをやる!」って言えません。

もちろん、こういうご状態だから笑顔を忘れないで「がんばろう!」という気持ちには同意です。
落ち込んでいる場合ではありません。

ただ、あまりに楽観的に物事を考えると、取り返しのつかないことになるんじゃないかと。

「今までは大丈夫だったから」

経験からくる言葉に頼るのはやめて、現実に起こっていることをみること。

「今を見る」

そして、自分で考える。

この判断が明日を創るような気がします。

そういう意味では、「みんな元気になろう!」という言葉を、簡単に無責任に言っちゃいけないような気がするし、危険な場所にいる複数の人たちに対して、「ワークショップやろう!」とは言えないなぁ〜。。。

う〜ん、やっぱり言えないなぁ〜。。

すみません、ぐじぐじしてますね〜。。


« 絹川ご挨拶。 | Main | そういうつもりは全くありませんでした。 »