My Photo
無料ブログはココログ

« ツィッターかブログか? | Main | 国立国会図書館と文化庁との協定:継承するということ »

May 27, 2011

濃密な「空気感」を創っています。密室劇「12人〜奇跡の物語」稽古にて

密室劇「12人〜奇跡の物語」の稽古中です。

これがチラシ。
「omote.gif」をダウンロード

おそらく、ちゃんと台本があって、ちゃんと演出家がいて、ちゃんと台本に基づいてお芝居を創っていくという作業は、日本ではこれが初めて。

海外の映画やテレビの仕事では台本はあったけれど、日本でのわたしのキャリアは、小劇場時代はディバイジングで集団創作がほとんどだったし、それ以降はインプロ(即興演劇)がほどんどです。

ですので、今回は本当に新鮮だし、勉強になっています。
また、純粋に「役者」という作業だけに専念できるのも嬉しいです。

演出の小川絵梨子さんはいわば正統派。
ちゃんと台本を分析して、理解して、演出方針を決めて、役者と一緒に時間をかけて創作していくタイプ。
「まぁ、だいたいでいいんじゃない?」という演出家さんとは違い、一つ一つを丁寧に扱おうとする人。(だから7時間の稽古で、1日5ページぐらいしか進みません。)

今回の陪審員が話し合いをしていく。というシチュエーションにとって、この稽古プロセス自体が体験としてお芝居に使える感じです。

これからが楽しみです。

(ぜひ見に来てください〜!チケット予約承っています!yuri@impro-works.com)

« ツィッターかブログか? | Main | 国立国会図書館と文化庁との協定:継承するということ »