My Photo
無料ブログはココログ

« フォローしてくださいませ!ツィッター始めました。 | Main | ニュージーランドのお葬式のいいところ。 »

May 09, 2011

オークランド禅センターにてお話をさせていただきました。

オークランド禅センターから「日本の状況を話して欲しい」と依頼が。
アマラ先生もパートナーのリチャードも親日家で、何度も日本に来ているので、すでに赤十字を通して義援金を寄付しているし、日本に対して祈りを捧げておられる。

「でもわたしは実際に現地に行ったわけではないので、詳しいことはお話できないかもしれないので。」と一度は辞退しました。でもすぐにアマラ先生からレスがきて「それでもいいから。」と。しかも先生とチリャードは「父と暮らせば」を観にきてくださり、再度「話しをして欲しい」と。そこまでしてくださることに対して断るわけにはいかず、お引き受けすることにしました。

先生がおっしゃるのには、ニュージーランドにいると日本の今の状況が分からない。特に原発問題ばかりに話題がうつってしまい、一般の人たちがどうなっているのかが分からない。だから、一般庶民のみなさんがどういう生活を送られているのかを知りたい。ということなのです。

わたしは、アート・ボランティア・ネットワークに加入しているので、現地に行かれた演劇人がリサーチした現地の声や、現地の演劇人からのレポートをもとに30分ほどお話をさせていただきました。

みんな涙を浮かべて話しを聞いていました。わたしの話しの途中で、アマラ先生が小さな仏像をわたしの前に起きました。苦しんでおられる人たち、亡くなった方々への供養の気持ちだと思いました。

話しの後は、現地の方がたがどのように生活されているのか、どのくらいの被害なのか、私たちに何ができるだろうかという質問が飛び交いました。

私は、この機会に、被害にあわれたお寺を調べて、オークランド禅センター(+アメリカの禅センター)とつなげネットワークをつくり、援助支援活動のお手伝いができればと思っています。

もし、このあたりの情報をご存知の方がおられたら、ぜひ情報をお教えいただけると幸いです。
(絹川友梨メールアドレス YURI@IMPRO-WORKS.COM)

PS。
この日、ひさびさに禅センターのみなさんと座禅を組んだのですが、久々だったのとクッションを使わなかったために、足がしびれ。立ち上がるときに、大きく転けてしまいました。
み〜んなが見ている前で、しかも「ゲストスピーカー」扱いだったにも関わらず、、、。
いやぁ〜かっこ悪い!
恥ずかしかったです〜!!!(苦笑)。。。

« フォローしてくださいませ!ツィッター始めました。 | Main | ニュージーランドのお葬式のいいところ。 »