My Photo
無料ブログはココログ

« 逃げないで作業をすると絶対に見えてくる。 | Main | ニュージーへ »

June 25, 2011

「伝説の作品」となるか?

「12人〜奇跡の物語」絶賛上演中です。

ありがたいことに、日露演劇協会の村井健さんはじめ、演劇界の先輩たちがたくさんご来場くださり、いい評判を立ててくださっているらしく、口コミで問い合わせが続いているようです。制作の綿貫さんは、ひっきりなしにかかってくる問い合わせ電話やメールの対応に大忙し。チケットは連日キャンセル待ちとなっています。

それにしても、冷静に考えてみると、この公演はすごいです。

演出の小川絵梨子さんは、これからもっともっとすごい作品を創り出していくと思われます。
どう考えてもそうなります。まだ30歳代だし、これからの人。しかも、すでに凄いんですから。これから、もっと凄くなると。

そして主演の寺十悟さんは「Tumazuki no ishi]の演出家であり、客演でひっぱりだこの役者さん。これから大舞台へ出ていく人でしょう。今回の作品は、2人の初コラボレーションにあたるわけです。
そして、2人はこれからも演劇界でバリバリ面白い作品を上演していくことでしょう。

加えて、他11人(自分も入れてみる)の役者は、それぞれの現場を持っている個性派ぞろい。経験もあるけど、新しい学びを柔軟に吸収できる皆さん。きっとこれからも伸びていく人たちに違いありません。

12人+1人の演出家。(+プロデューサー綿貫さん+スタッフのみんな))
この公演が終わると、みんな自分の場所に帰っていって、もしかしたら二度と共演することは無いかもしれない。だけど、5年後、10年後、みんながどうなっているかが楽しみ。

そのとき「12人〜奇跡の物語」は語りぐさになるに違いありません。

そう考えると、「12人〜奇跡の物語」は、もしかしたら「伝説の作品」となるかもしれないなぁ〜。


« 逃げないで作業をすると絶対に見えてくる。 | Main | ニュージーへ »