My Photo
無料ブログはココログ

« 稽古スケジュール調整うんぬん。 | Main | 照明やら作曲やら。 »

September 18, 2011

まる1日稽古。

来週の本番に向けて、まる1日稽古。

朝から劇場に入り、ひとりで仕事。
このプロジェクトでは、演出のわたしが舞台監督/サウンドオペレーター/ライティングデザイン/舞台セットデザインのすべてをこなすことになっている。(舞台の掃除は好きでやっています。へへへ)

金曜日/土曜日に集中してつくったサウンドを劇場で試したり。
プロジェクターとサウンドを一台のコンピューターで操作するのは、なかなか難しい。
う〜ん。。。

などと、ひとりで劇場で仕事をしていると、キャスト2名が時間を間違えて2時間早く稽古場入りしてきた。

その中の一人、マイクは開口一番「キャストがバラバラだから、ユリは演出家としてみんなをまとめるために、ミーティングを開いた方がいいと思う。そしてこの芝居のコンセプトやバックグラウンドを話すべきた。これはイギリス流の稽古の仕方なのだけれども、、、。」などど、早口でまくしたて始めた。かなり一方的ですよ、こりゃ。

こういう場合、わたしの持論としては、「とにかく聞く。じっと聞く。相手が何を言いたいのかをまず聞く。反論はしない」ということにしている。

ただ、今回の場合、キャストが来る前に終わらせなくてはならない仕事がたくさんあり、稽古時間を2時間も間違えて劇場入りしてきたマイクの話しを聞いている場合ではない。
切れそうになる気持ちをおさえ、もろもろ事情を話し、みんなが集まったら話し合おうということにする。

個人的には、こういう役者の意見を聞くのは嫌いではない。むしろ積極的に関わろうとしてくれているので嬉しく感じる。ただ残念ながら時間は限られているので、時には、ある意味タイムキーパーとしての動き方をしなくてはならない自分がいます。できれば徹底的に時間をつかって、役者と充分に稽古がしたい気持ちですが。

« 稽古スケジュール調整うんぬん。 | Main | 照明やら作曲やら。 »