My Photo
無料ブログはココログ

« 不条理という言葉。 | Main | 私のなかから聞こえてくる「できっこない」という声をなだめすかしてみる。 »

November 09, 2011

応募に受かって、これからが勝負!

2013年にニュージーランド/オークランドで行われる「オークランド・インターナショナル・アート・フェスティバル」では、ニュージーランドのアーティストの作品づくりを助成するシステムがあります。
これは、このフェスティバルに出展する(であろう)作品を創作段階からサポートすることのが意図。

こういった情報は、一般公募ではないので、情報じたい入手することもなかなか困難なのですが、ラッキーなことに私は友人からこの話しを聞くことができました。そして、すでに公募締め切りをすぎていたというのに、無謀にも自分のアイデアを応募したのです。

私のアイデアは、マイノリティの声をポピュラリティのステージにのせること。
具体的には独自にPhoneのアプリケーションを開発して、それを使って野外で行う演劇。インプロの要素もたくさん盛り込んだ作品になる予定。

40点ぐらいの応募から12組が選ばれたアナウンスがあったそうです。(東京なら数百点の応募があるでしょうね)。そしてラッキーなことに、わたしのアイデアも選ばれました。

「やった〜!」と喜ぶのもつかの間。
ここで浮かれている場合ではありませぬ。
すぐにディレクターたちとの打ち合わせがあり、プレゼンテーションが行われ、12組がふるいにかけられます。

来週にはそういったやりとりが行われるため、わたしは急に忙しくなってしまいました。
漠然とした「アイデア」を具体的にしなくてはならないからです。

集中して望みます!

« 不条理という言葉。 | Main | 私のなかから聞こえてくる「できっこない」という声をなだめすかしてみる。 »