My Photo
無料ブログはココログ

« ラウンジいろいろ。 | Main | バーベキューセットをもらった。 »

November 04, 2011

記憶からの。予感を味わう。

オークランドに到着しました〜。

こちらは春。
あちらは秋。

日本とニュージーランドを行き来する中で見つけた、自分の感覚があります。
それは、日本と気候的にはあまり変わらないので、自分が今どの季節にいるのか、どの季節に行こうとしているのか(寒くなるのか、暖かくなるのか)が分からなくなること。

そういえば、こういう生活をするようになって気がつきました。
自分はいつも、今の季節を感じるとともに「これから、暖かくなるんだなぁ〜」とか「これから、寒くなるぞぉ〜」とか感じながら生きているんだなぁ〜ということ。

今の気候を味わうと共に、これからやってくる気候に思いを馳せる。心がまえをしておく。ワクワクしたり、うつうつしたりする。そういう生活をしているんだなぁ〜。

ですから、今はこう考えるのです。「え〜っと、これから日本/ニュージーランドは暖かくなるんだっけ、寒くなるんだっけ」と。

こういう感覚は、自分に記憶があるから起こることでしょう。季節の移り変わりを子どもの頃から体験してきたから、その予感を味わうことがでいます。だからこの感覚は「大人」だけの特権でもあり、人生を豊かにしてくれる楽しみでもあります。(この辺り、即興では生まれない味わいだと思います。テキストも時に大事だと)。

日本にいるだけだとなかなか気がつけないのですが、記憶が生む味わいの感覚が、自分を形成している一つなんだということを知ることは、なかなかいいものです。

« ラウンジいろいろ。 | Main | バーベキューセットをもらった。 »