My Photo
無料ブログはココログ

« 【来年から】インターン制度発足。「指導者養成」について | Main | 風邪ひき。 »

December 19, 2011

「人の話しなんか聞くな」という教え

ちょっと古い記事なのですが、今の私にぐぐっと来た文章みつけました。
「人の話しなんか聞くな」という教え〜クリエイティブになる方法30選:ライフハッカー(日本版)。
http://www.lifehacker.jp/2011/12/111215ignoreeverybody.html

Hugh MacLeodという人が書いた「クリエイティブになる方法」という記事を、日本のライターがピックアップしたものです。

タイトルは挑発的なのですが、内容はとても納得のいくむしろ合理的なものでした。

****************************
私がびびっと来た箇所は、「自分の声で歌え」というところ。
以下、引用させていただきます。

ピカソは色づけが苦手でした。ターナーは人の顔を描けませんでした。ソール・スタインバーグは写生が驚くほど下手でした。T.S.エリオットは、日中は別の仕事をしていました。ヘンリー・ミラーはひどく波のある作家でした。ボブ・ディランはギターも歌もひどいものです。

でも彼らは辞めませんでした。どうして彼らは辞めなかったのでしょう? それは私にはわかりません。逆にどうして辞める必要があるのでしょう?
***************************

私はなぜか「クリエイティブ」という楽しさと厳しさに惹かれます。
そして、ひとり一人の「クリエイティブ」に憧れます。すばらしいと思います。
だからこそ、こういう考え方にある意味支えられて、これからも活動していきたいと思いました。


« 【来年から】インターン制度発足。「指導者養成」について | Main | 風邪ひき。 »