My Photo
無料ブログはココログ

« January 2012 | Main | March 2012 »

February 28, 2012

見えないものの価値大事にしたい。見えない落とし穴に気つけながら。

NHK news webに「実体験で語る 数学は必要か?」
という記事がありました。
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/0224.html

ざっくり紹介すると以下。
「現在、日本の大学生の数学力は低下している。
社会では、数学の問題解くことはない。けれど、
数学によって得られる“論理的な思考や、それ証明する力”は、
あらゆる分野で必要とされる。だから数学は必要である」

「そうだよなぁ〜、数学は大事だ」と思せる記事です。
ここまでは納得。

しかしその後「理由はゆとり教育」とくると、
読者の反応としては「ゆとりは必要ない。もっと勉強させなくては。」
となるのでしょうか。そして子ども達は、さらに勉強に
時間を費やす事になるのでしょうか。

この論理の流れには、何か「落とし穴」がありはしないでしょうか。

もちろん数学が必要ないと言っているのではありません。
一見「必要ない」ような科目でも、大人になって必要になることはある。
ということは大事なメッセージだと思います。

ただ、この類いの記事は「数学」という
具体的に経済に結びつくものの重要性は説いて、
それ以外のものについて触れない傾向にあることに
ちょっと不満感じます。

だったら。
私は考えます。
演劇だって/音楽だって/体育だって、必要です。

演劇によって、将来をイメージする想像力が育ちます。
音楽によって、心揺れ動かすのは表現力の根源となります。
体育によって育まれる体力は、人間の活動馬力。

ちなみに明治時代は、坪内逍遥によって児童劇がとても盛んでした。
しかし戦争に入って、それはすべて廃止されてしまいました。
なぜか。それは児童劇が盛んになり、子どもたちが
“主体的”に発言できるようになること政府が危惧したから
だそうです。

未曾有の恐怖の体験によって、本当は家族が大事/本当はやりたい事の実現
お金よりも大事なことがあるなど、自分の生活を見直した人たちがたくさんいるにも関らず、
時間がたつごとに、物ごとの価値は、な〜んとなくうやむやにすり変って、
いつの間にか自分達が希望していない元通りの社会になっている。
そんな流れに、すでに(またもや)なっているように見えます。

世の中には、こういう「落とし穴」がいくえにも存在していて、
考えないで行動していると、あっという間にそれに取り込まれてしまう危険性
感じます。

もう二度とそういうことのないように、
点検しながら生活していかねばと思います。

February 27, 2012

アカデミー賞の発表。いつも後追いの日本。

アカデミー賞の発表がありましたね〜!

ベストフィルムに「The Artist」
この映画、本当にすばらしいので、ぜひ観ていただきたいっ!

それにしても、アカデミー賞にノミネートされていた映画のほとんどが、日本でまだ公開されていないのはどうしてかな。
受賞してからのほうが宣伝効果があり、集客になるからかな。

オンタイムでこういう情報共有できないとなると、「いつも後追い」ということになる。
英語圏で起こったことに「いつも後追い」だと、いつまでたっても「後追う」ことしかできなくなる。

もちろんコンテンツについては、きっと日本が先取りしていることも多いと思う。

だとしたら、なおさら後追いはもったいない。

日本人だって、一緒に走ることができるはずなのに。


February 26, 2012

2月の「即興あそぼう会」がすごく面白かったらしい。

2月の「即興あそぼう会」がすごく面白かったらしい。

参加者の方々は、初心者から経験者までバラバラだったけれど、最終的にはロングフォームやって
とても「味のある」内容だったと参加していた研修生の五十嵐くんからメールがきた。

講師は島崎真弓。
彼女のリードは、ここの所とても評判がいい。
先日も(財)地域創造のワークショップを担当したときも、とても評判がよく、このお仕事はここのところリピートで依頼をいただいている。

インプロのワークショップは(どのワークショップでも同じだと思うけれど)、リードの仕方でまるで別物になってしまう。同じ「インプロのワークショップ」と名のつくものでも、ずいぶん違うんですね。と参加者の方から言れたことがある。この場合は、お褒めの言葉としていただいたのだけれど、そうではない場合もあるかもしれない。

毎回、参加してくださる方々はいろいろな方々だから、私たちファシリテーターは毎回が勝負。
いいワークショップの基準は、参加してくださった方々の感想にある。
決して、ファシリテーター側の「良かった」ではないし、「参加者の皆さんの笑顔がすてきだった」ということではない。

参加者の方々が、それぞれにとって「大事な何か」を持ち帰っていただくことが、こちらの使命である。

今後も精進です。


February 25, 2012

一流の女が家族ひきつれ遊びにきた。

友人であり映画監督Nikiとその家族(夫Andrew, 2人の娘 Tui and Pearl)がランチ時に遊びに来た。

ものすごく久々に会うということと、2人の大人+2人の子どもの両者が楽しめるような食事を作るのに、朝からてんてこ舞い!

私は、子供達のためにチョコレート3種類を使った手作りお菓子をつくり、ちょうどおひな様シーズンなので、おひな様を飾り、彼女たち好みのバービー人形やらぬいぐるみやら、退屈しないように折り紙やらをデコレーション。食事でも、できるだけ見かけがキュートになるように工夫した。

この日のランチメニューは以下。

お寿司、揚げ出し豆腐、白身魚の味噌づけレタス巻き、ホタテのしそ巻天ぷら、きんぴらごぼう、ツナのレアステーキサラダ。

努力のかいあって、子供たちも喜んでくれたみたい。

Nikiが4月ごろからハリウッドで映画撮影に入るので、家族全員で4月からLAで暮らすことになるとのこと。建築家のAndrewは一時仕事を中止して、子どもの世話をする。日本では到底考えられない家族の協力体制。

だからこそ、彼女は一流の仕事ができている。

「常識なんて屁のカッパ!」と、家族全員が協力しあって生きているさまは、本当に見習いたいところです。


February 24, 2012

トップガールズ観劇。

サイロシアター製作のお芝居/キャロル・チャーチル作/Shane Bosher演出「トップガールズ」の初日。
この劇団は、オークランドでは2番目に大きなカンパニーです。

このお芝居は、去年日本でも上演されましたね。
とても有名な(しかもとっても興味深い)お芝居です。
観に行く前に英語の台本読んで、「ドレスコードはPower dress」ということなのでばっちり着物きて、しっかり準備(?)して参りました。

イメージしていたのとはずいぶん違う演出でしたが、すばらしい女優さんたち(しかも年配の!)の演技に堪能しました。

オープニングということもあり演劇関係者がたくさん集まりました。
終演後はパーティ。こういう場はあまり得意ではないのですが、なかなか会えない演出家やエージェントや俳優さんたちが一同に集まりましたので、できるだけ社交的にいろいろな人たちに挨拶して回りました。

Topgirls_2

「着物がステキ〜!」と沢山の人から声かけられました。こういう時、日本人で得したなと思いますね〜。

February 22, 2012

もの凄く面白いパフォーマンス観ました!

もの凄く面白いパフォーマンス観ました!

Be longing.

オタゴ大学の演劇科とダニーデンの劇団の共同作品。

説明不可能な面白さ。

今はちょっと詳細かけないのですが、あまりに観劇したので関係者とコンタクトとっています。

手短かに言うと、日本でこれ上演できないか。ということです。

February 21, 2012

オークランドで「New performance Festival 」が始まりました。

オークランドで「New performance Festival 」が始まりました。
先鋭的なパフォーマンスが集まったフェスティバルです。

今日はオーストラリア/メルボルンの2domention lofe of her、明日はニュージーランド/ダニーデンのBe Longing +オークランドの友人が振り付けする Boys like butterlfies 観ます。
その後、ドイツのリミニプロトコル観ます。

いい刺激になるといいな。

February 18, 2012

昨日、1週間のセーリングから帰ってきました。

昨日、1週間のセーリングから帰ってきました。

ニュージーランドの南島のマルボロサウンドという入り組んだ海で滞在しました。

海底が見えるほど透き通った海~
イルカの大群発見したり、めずらしい鳥みたり、孤島ハイキングしたり。
食事といえば、釣った魚&ホタテとアワビ。
すべて自分たちで採ったもの。

ヨットは友人のもので、6人ぐらいは生活できるサイズ。
冷蔵庫もオーブンもトイレも設備されているので、生活に不便はありまんでした。

おかげで、日焼けで顔がさらに真っ黒です〜~(これは困ったり。)

February 07, 2012

「教育」の神髄、ドキュメンタリー映画「Buck」

ドキュメンタリー映画「Buck」観ました。
この映画は、性格の悪い「馬」の教育をする調教師の物語です。

ものすごく性格の粗い馬でも、彼(Buck)にかかると素直でおとなしい「馬」になります。
しかも、彼の調教の仕方は、決して叩いたり引きずったりの暴力ではないということ。「馬」の気持ちを理解し、彼らと友だち以上の信頼関係をつくっていくということ。
そのプロセスは、驚くほど静か。

この背景には、彼が子どものころ酷い虐待を受けていたことがあります。だからこそ、「馬」を暴力で押さえつけようとしない。そうして「馬」を支配下に置こうとする馬の持ち主たちをも教育していきます。

「教育」の神髄を見た感がしました。

サンダンス映画祭で受賞したほどの作品。日本でも上映されるといいのですが。

http://buckthefilm.com/

February 06, 2012

映画人のための映画「HUGO」

マーティン・スコセッシー監督の新作「Hugo」観ました。

今年のアカデミー賞で、なんと11部門にノミネートされている作品で、邦題は「ヒューゴの不思議な発明」。すでにゴールデン・グローブ賞で最優秀監督賞を受賞、そのほか世界の映画賞でも多数の受賞し続けている作品です。(しかも関係ないけど、3D!)

予告編を観た限りでは、少年のありきたりの冒険物語のようだし、「なんで、これがアカデミー賞の第一候補?」と当初は不思議に思っていたのですが、本編を観て「なるほど!アカデミーの審査員が気に入るはずだ!」と関心しました。

それは、予告編ではまったく出ていかなったのですが、この物語は実は「映画」の歴史が語られており、映画人には「ぐぐ〜(涙)」っとくる内容なのです。初めて映画が上演されたときの人々の努力、観客の反応、繁栄と焦燥。夢。それらが詰まった映画です。

しかも、それと対局に、この映画が最新技術を駆使した3D映画だというコントラストが、この映画をダイナミックに仕上げています。プラス、スコセッシー監督のカメラワークがすばらしい。

そして考えてみたら、こういう映画は日本では少ないですね。

映画人が映画人を描くとか、演劇人を演劇人を描くとか。
あるにはあるけれど、そんなにメジャーではないというか。
もっと、そういう「自分達の映画」を創ってもいいんじゃないかな。なんてちらっと思ったりしました。
(漫画やアニメを原作にした映画を創るばかりじゃなくてね〜苦笑)。

以下、ただの自慢ですが、飛行機内で観た映画も含めて、今年はすでに18本の映画を観ています。
なかなか快調な出だしです〜。


February 05, 2012

『原発危機と東大話法』安富歩著(明石書店)

名古屋のうっちーさんがプレゼントしてくださった(ありがと〜うっちーさん!)『原発危機と東大話法』安富歩著(明石書店)を、取り憑かれるように読んでいます。

東大話法とは、東大出身者だけに限らないけれど、”まるで論理的に話しているようにみせかける欺瞞の言語使用方法”のこと。具体的に例をあげて、分りやすく説明しています。
こういう視点から、物事を考えたことがなかったのでとても刺激的。

読み終ったら、もう少し書きたいと思います。

February 04, 2012

うちのチョウチョ。

うちの庭で、チョウチョを大事に育てています。

幼虫はもりもり葉を食べ、1日に2倍ぐらいの大きさになります。
Catepillers


Catapiller_2


そして、慎重に場所を選んで、ひっそりとサナギになります。

Cryth4_2

そして10日ぐらいたつと、だんだん色が黒っぽくなってきて、チョウチョとして復活します。


Cryth3_2

最初はハネがくしゃくしゃ、足はふらふらですが、だんだんリンとピンとなっていきます。

Monic_2

うちの庭には、まだまだこんなにサナギがいます。

Cryth

ひっそりと、復活を待っています。

ご本人の承諾得て、全文紹介します。

先日もご紹介しました:知る人ぞ知る名コーチ:宇都出雅さんから、メルマガの感想いただきました。
ただの感想ではなく、こころに残る大事なことも書かれていると思いました。

ご本人の承諾得て、ここに全文引用させていただきます。

*************************

ここ最近、ワークショップに参加していませんが、
メルマガいつも楽しみに読ませてもらっています。

先日のユリさんの

 「創造的であろう」とするより「小さな種に気づく」

もかなりきましたが、

今回の小里さんの

 「自分で決める」

も基本ともいえるべきことで、刺さりました。

台本がない(=正解がない)中で、すてきなストーリーを作って行くコツは、
「自分がハッピーになる道を選んで、そこに行く」ことだと。そしてそうせずに『不本意だけどしょうがないからこうしている』みたいな状態でいると、自分はつまらないし、周りに迷惑」なのだと。

ほんとそうですね。

私がやっているコーチングもこれが原点だなあと思いました。

自分で決められない・コントロールできないこともたくさんあるし、まさに一瞬先は闇・光ですが、それでもせっかくの人生、自分がハッピーになることを決めて、決められることは決めて進んでいこう。
決められないことは受け入れることを決めて、それと楽しんでいこう。

これからもメルマガ楽しみにしています。

宇都出

フェイスブックで見つけた、すてきな舞台写真。

こんな舞台、いつか創作してみたいものです。。。

Poster_stage_2


デザイン変えてみました。

ブログのデザイン新しくしてみたのですが、どうかしら。

「ほかの人には難しいが自分には簡単にやれることは何か」

他者の文章から影響を受けたり、考えさせられたりすることは多いものです。

先日、コーチング界では「知る人ぞ知る」宇都出雅さんのブログで、私の文章が紹介されたとご本人から伺いました。

「創造的」であるよりも「小さな種に気がつく」ことのほうが大事。
という内容について書いたインプロ・ワークスのメルマガの文章です。

 http://archive.mag2.com/0000098596/20120106133000000.html

この文章の中で、逆に、雅さんがおっしゃっている以下の言葉が、こころに引っかかりました。
詳しい解説は、雅さんのブログをご覧くださいね〜。

****************************

「ほかの人には難しいが自分には簡単にやれることは何か」

****************************

みなさんにとっては、なんですか?
”簡単にやれること”というところはポイントです。
”苦しみながら続けていること”ではないんですね。

私にとっては、、考えてみました。
それは、もしかしたらワークショップのリードかも。
もしかしたら、インプロかも。
もしかしたら、インプロや演劇を続けていること自体かも。
もしかしたら、こうやって、もしゃもしゃと考え続けていることかも。
もしかしたら、こうやって、しゃーしゃーと言葉を書き連ねることかも。
(ブログはすでにほぼ毎日が7年近くつづいております〜)

みなさんにとっては、なんですか?

それが、あなたの(少なくとも)「特徴」であり、もしかしたら「強み」かもしれません。


February 03, 2012

踊らされるな。

今日は節分ですね。
子どもの頃、両親や弟たちとやった豆まきが懐かしいです。

最近は「惠方巻」というお寿司の太巻き食べるのが流行っているらしいですね。

ウィキペディアで調べたら(これも100%信憑性がある訳ではありませんが)、
”これは近年に作られた文化で元からある文化や風習ではない。関西で恵方巻きを食べる文化、まして特定の方向を向かって食べるなどという文化は存在しない。”書いてありました。

どうなのでしょう。

私的には、惠方巻ブームは、コンビニの宣伝に踊らされているようにも感じます。
まるでバレンタインのチョコレートのように。(そして法律的に禁止になったのですね。これもおかしなことですが)

「どんなイベントでも面白ければ/楽しければ乗っかる」というムードが日本にはあります。日本人はこどもっぽいなぁ〜と感じるのは、そういう姿を見る時。それはそれで「日本人の幸せぼけ。」(現実では、すでにそう言えなくなってきているのにも関らず)と思えばいいのですが、ただ、あまりにも軽々しく「みんなで楽しい時間を過ごせれば、どんなイベントでも楽しんじゃえ、いえ〜い!お金つかっちゃえ〜、いえぇ〜い!」だと、これは思考停止だとしか思えません。。。

「惠方巻?なにそれ。嘘くさい。宣伝にだまされるな。日本の伝統的な習慣のほうが大事だぜ!」というムードが、もちょっとあってもいいんじゃないかなぁ〜。

踊らされるより、自分で踊ったほうが面白いのになぁ〜。


February 02, 2012

インプロ研修がブログに掲載されました。

先日、私が行ったインプロ研修にご参加いただいたVOYAGE GROPの担当者清水さんが、研修の感想を書いてくださいました。

http://ameblo.jp/voyagehr/entry-11152531046.html

自分はインプロがすばらしいツールだと思っているのですが、こうして客観的に人が書いたものを
読むと、改めて良さを知ることができるなと思いました。

このような研修は喜んで行いますので、興味のある企業さまはどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!

February 01, 2012

翻訳す。

単なる自慢話なのですが(苦笑)、ある出版社から突然このようなメールが来ました。
「絹川さんの翻訳はとてもいいので、この本を翻訳して欲しいのですが」。

いやぁ〜、翻訳家としてはまるで素人(いちおう勉強したものの)のようなものなので、このような評価いただくなんて恐れ多い〜!と思いましたが、素直に褒められて嬉しい気持ちも。

さっそくPDFで原稿をいただいて、原文を読んでみました。

ほほほぉ〜!

なかなかいい本です。ちなみに演劇本です。

少なくとも英語圏では面白い演劇の本/貴重な演劇の本が山ほど出版されているのですが、日本語に翻訳されているのはごく少数。チャンスがあれば、よい本は翻訳したいと常づね思っています。

ですので、この本との出会いも嬉しいものでした。

翻訳引き受けることになるかなぁ〜。

« January 2012 | Main | March 2012 »