My Photo
無料ブログはココログ

« March 2012 | Main | May 2012 »

April 06, 2012

三島由紀夫作「サド公爵夫人」のリーディングのトライアル

昨晩、三島由紀夫作「サド公爵夫人」のリーディングのトライアルしました。

場所は私の自宅。プロの女優さんたちに来てもらい、2時間軽くリハーサルして、1時間の休憩(ディナー)の後に実施。観客は、メンターのEdmond 教授、戯曲作家のStuart 、プロデューサーのSquareとそのパートナーたち。

なにしろ「三島」ですから、言葉、言葉、言葉。
超長い台詞の応酬。役者さんは大変です。気力体力必須の戯曲です。

主役ルネに中国人のAlly をキャスティング。まだまだ新人ですが、中国人らしいピュアーな感じがキャラクターとあっていて面白かったです。ただこの役は、芝居中にどんどん変化しかなくてはならないキャラクターなので演技の技量が必要。アリーにはなかなか難しかったかも。

ルネの母親役にBrenda 。ぶんぶんの強烈な女優さん。リーディングなのに、すでに戯曲の意図を理解しているのにびっくり。さすが。こういう女優さんとは一緒に稽古するだけで、いい影響受けられそうな気がする。

妹アンにYvette。いつもコメディな彼女がびっくりするぐらい色っぽく演じてびっくり!
こんな役もできるんだ!

宗教家の夫人はShireen。ロンドン仕込みの彼女は、振る舞い(時間に遅れない。礼儀正しい)もプロ。そしてイングリッシュアクセントで、戯曲の分析も的確。本当に参考になるな。

破局的なキャラクターを演じるのはDena. 彼女はこのキャラクターには若すぎるのだけれど、チャレンジしてもらった。彼女はもっとできる気がする。今でも充分、魅力的なのだけれど。

メイド役にHweiling. 経験の浅い彼女にとって、このセッションはものすごく刺激的だったみたい。
リーディングの過程で、他の女優さんの存在に影響を受けて、彼女がだんだん彼女が「役者」になっていくのが分った。

終了後、ディスカッション。

この戯曲をどのように上演したらいいか。歴史的背景とか、演劇的歴史とか、三島とか、フランス革命とか、北斎とか、ギロチンとか、芝居小屋とか。

日本だと分りと「歴史的背景なんて、どうでもいいじゃん」という感じで、古い戯曲は都合よく切り刻まれてしまうんだけれど、こちらでは、そうはいかない。ちゃんとした分析があって、そして演出が選んで行く。結局、そうしないと世界基準としては受け入れてもらえないんじゃないかな。

どこまで行けるか分らないけれど、「道徳と不道徳」についての演劇つくりたいです。

ひみちゃんの活動レポート:(こちらが嬉しくなる)高齢者ワークショップ

ひきつづき、ひみちゃんこと廣瀬が行った高齢者ワークショップの報告です。
読んでいて、こちらまで嬉しくなるレポート。お楽しみください。

********************************
★3/3、12楽しく脳機能活性、身体を使った脳トレゲーム講座 
@東京都港区港南いきいきプラザ

高齢者対象の講座を行いました。NPO法人生き活き元気塾の本多さんの
脳トレを中に挟んだ90分の講座です。
1回目は70歳から84歳までの女性ばかり13人の講座でした。
とにかく皆さん若い!前向き!私のほうが皆さんの姿に励まされました。

2回目には最高齢90歳越え、20人の方が集まってくださいました。
キャンセル待ちも出たほどでした。館長さんが若くて元気な女性の方で、
明るく丁寧に利用者の方に接していて、皆さんとても積極的に参加してくださいました。

初めのほうで、柔軟性、発想力と脳の話をして、ゲームの中でも解説を
加えていきましたが、何より新しい人と出会ったり、大笑いしたことが
一番でした。「私あなた」では、「あなた」と言いながら歩いていく姿がチャーミング。
あなたと言われて照れている男性もいて、微笑ましく、何とも言えないいい時間でした。

終わってからも「定期的にやりたい。いつきてくれます?」と声が上がり、
館長さんの「近所の皆さんにもよかったと話してくださいね」には
「(定員になってしまうから)言いたくない」と応えた方まで!
皆さんの「こんなに楽しいとは思わなかった!」という笑顔がすごく素敵で私も幸せな気持ちになる講座でした。

ありがとうございました。

(廣瀬日美子)

                        

ひみちゃんの活動レポート:子育てママ

昨日(大安吉日)に発行したインプロ・ワークスのメルマガ記事で、メルマガ読者以外のみなさまともシェアーしたいなと思う記事、ここで紹介しま〜す。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 活 動 レ ポ ー ト  <子育てママ>
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

遊ぼう会制作でもあり、最近はワークショップ講師としても活動の幅を
広げている廣瀬日美子より、子育て中のママ対象のワークショップレポートをお届けします。

★3/1「子育てママのためのインプロ(即興演劇)遊び」@富山県女性財団★

子育て真っ最中の若いママさんたち対象の講座を行いました。
初対面の方が多く、初めは緊張感と固さもありましたが、休憩時間には
みんなで輪になって話が盛り上がるくらい和やかな雰囲気になりました。

託児つきだったので、 子どもと離れて自分の時間を楽しんリフレッシュして
もらいたい。自分も相手も受け入れて楽な感覚をつかんでもらうことを
目的にしましたが、「こんなに笑ったの久しぶりです。」「頭がほどけて
いくよう」「失敗していいんだと言われて気が楽になりなした。」と涙ぐんで
いるママもいて、私自身も子育て中のことを思い出し、心からエールを
送りたい鼓持ちになりました。

(廣瀬日美子)

April 02, 2012

「英語のほうが説明しやすいこと」と「日本語のほうが説明しやすいこと」があること発見。

オークランドでの「インプロ・ワークショップ」無事終了しました。たくさん応募いただき、定員オーバーの嬉しさ。ランチをはさんで(シーフード炊き込みご飯大盛況!)6時間。

ワークショップは英語でリードしたのですが、そのさい「英語のほうが説明しやすいこと」と「日本語のほうが説明しやすいこと」があること発見。

感覚的なことを「ずばっ」と的確に指摘するときには、なぜか英語のほうが表現しやすかったのです。日本語でリードするときに「どう説明したらいいだろう」と困ることが、英語だと「すばっ」と言える。そのすがすがしさが今回はありました。

逆に日本語で「インプロ」(即興劇)というものの本質を伝えるのはホントウに簡単なことではないなぁ〜とあらためて感じました。

たとえば、「創造して」とか「寛容さが必要」などは、日本語辞書にはあるものの、日常ではあまり使いません(少なくとも私は)。だから、そういうたぐいのことを日本語で説明するためには、とても長いセンテンスが必要となってしまいます。

「イエスアンド」の説明にしても、英語のほうが「ほっかり」説明できるような気がしました。
(気のせいかもしれませんが。苦笑)。(日本語だと、実感として腹に落ちてもらうためにはとても時間がかかってしまいます。→もっと言葉を探して、的確な説明ができるようになりたいと思いました。)

また、これは今回リードしていて気がついた言葉かけなのですが、日本でもニュージーランドでも、「がんばりすぎる」傾向のある人たちはいて、そういう人たちに対して伝える言葉として、「がんばらない」ということではなく(これだと「無気力」というイメージがあるから)、”自分の力100%出そうとしないで、「まぁ80%ぐらいの力が出せればいいか〜」ぐらいの心持ちでいたほうが、逆に自分のベスト・パフォーマンスな力を出すことができる”ということを伝えたいなぁ〜と思いました。

こんな風に言葉を駆使しないといけない。
ワークショップは、時間と共に進行する生き物だから、そのテンポを落さないで、伝えていくのには自分の「言葉」を洗練させることも必要だなと思いました。

まだまだ学ぶこと、修行しなくてはならないことがたくさんある!
そう感じさせてくれる貴重な体験でした。

英語でのリードは、今後どんどんやっていきたいです。


« March 2012 | Main | May 2012 »