My Photo
無料ブログはココログ

« こっそり宣言パート2 | Main | 演劇に真摯に向かうこと。 »

June 11, 2012

マメット節。

翻訳がもうすぐ終わりそう!
一応、本文はほとんど終わり。あとはいくつかの不明点を、夫に相談。どんなに辞書で調べても、出てこないイディオムがあったりするので、やはりネイティブに聞かないとニュアンスが分からないところがあるので。

あとはデビットマメットの「はじめに」とか、前後の資料部分についての翻訳。

それにしても、マメットの文章すごいんです。何しろ文章の一番最初が「ほとんどの演技トレーニングは、恥とやましさによって成り立っている。」ですもん。(キヌガワ訳)まさにマメット節ですなぁ〜。

この本は、台本の分析について、キャラクターの立ち上げ方について、かなりプラクティカルに解説しているので、そういうことに悩みをもっている役者さんたちには目からうろこ。とてもいい本なんじゃないかしら。

専門分野の翻訳は、自分の勉強にもなるし、英語の勉強にもなる。一挙両得!


« こっそり宣言パート2 | Main | 演劇に真摯に向かうこと。 »