My Photo
無料ブログはココログ

« August 2012 | Main | October 2012 »

September 30, 2012

インプロプレーヤーの「トラウマ」?

オークランドのインプロ・カンパニーの生徒さん対象にワークショップを行った。
彼らと対話していく中で、インプロの経験者にありがちな「トラウマ」について考えさせられた。

そのトラウマとは「イエスアンドしなくてはならない」「シーンが始まったら、相手の名前、場所、状況をできるだけ早く決めなくてはならない」「ストーリーを創らなくてはならない」「ティルトを起こさなくてはならない」「ステイタスの上下をつくらなくてはならない」など。

トラウマをもつプレーヤーは、本当は舞台に立つのが恐い。だから登場する前に、頭の中でシナリオを考えはじめる。その場に起こっていることを拾うより、いつもやっている「おきまり」のオファーをピックアップする。

わたしは、ニュージーで、日本で、アメリカで、ヨーロッパで、トラウマを持つインプロバイザーをたくさ〜ん見て来た。そしてまた、私もトラウマに苦しめられていた一人である。

そのひとりとして、以下の発言をしたいと思う。

このようなトラウマの元凶は、はっきり言って「講師」だと思う。
講師がその教え方を変えない限り、トラウマを持つインプロバイザーは増えるだろうな。。。
即興演劇を教えることは簡単ではない。

キース・ジョンストンの最近の仕事ぶりを見ていると、自分がつくったトラウマ・プレーヤーを「治療している」ようにも見える。インプロを習う中でトラウマを抱えてしまったプレーヤーたちを「癒す」仕事。「シアタースポーツ」の創始者が、自らそこに至るのは皮肉なことのようにも感じる。

なぜなら「シアタースポーツ」系のショーに出演する過程でトラウマになるプレーヤーがこれまたけっこういるのだ。これは日本に限らず。キースはそういうつもりではなかったと思うけれど、結果的に。だからキースはシアタースポーツの権利を手放した。「もうシアタースポーツは見たくない」って言ってた。

キースは、トラウマをつくるような講師ではない。
まったく反対。彼はプレーヤーに自信をもたせ、元気づけ、光とインスピレーションを与えてくれる人。

ただ、彼がつくった「シアタースポーツ」を教えていった様々な講師たちは、「シアタースポーツ」の構造の罠にハマり、間違った教え方をしてしまったように感じる。

キースの考え方を本当に理解していれば、そこの罠にはハマらなかったと思う。しかし講師たちは罠にはまっていきました。「シアタースポーツ」に「競争」の要素があったりすることによる、弊害です。

それはプレーヤーに自信を失わせ、怖がらせ、「元気なふり」をすることを教え、闇と恐怖を与えるような教え方。

私が「シアタースポーツ」の権利を持ちショーをしているのは、「シアタースポーツ」にまだ可能性があると感じているから。トラウマをつくらず、ショーをする可能性。

オークランドのインプロプレーヤーと話しをしていて彼らが何度も言っていたのは、「一人の講師にだけ習っていると、一つの見方しか学ぶことができない。それ以外の見方=ダメなこととなってしまう。だからいろいろな講師に習うのが大事。」ということ。

インプロの講師の中には「先代の先生(自分が習った先生)たちが言ったこと=正しい/そうでないこと=正しくない」と教えがち。わたしは、正しい/正しくないという価値判断があるとしたら「どっちも正しい」と思うし、そう教えるけど。

そもそも「正しい/正しくない」という価値基準自体がアートでは存在しないのはないか。「正しい演劇」とか「正しくない演劇」とか聞いたことがない。インプロも同じではないか。「正しいインプロ」とか「正しくないインプロ」とかあるのか/ないだろう。

だから「あなたのオファーは正しい/正しくない」とか「今のストーリーは正しい/正しくない」という指導はありえない。はずである。だからもし、そういう指導をしている人が自分の先生になってしまったら、「それもあるけど、逆も正しい」としたたかに理解したほうがいいと思う。

あるプレーヤーは「私のインプロの先生は、ワークショップでぜんぜんコメントをくれなかった。いろんなゲームをするばかり。最初は楽しかったけれど、冷静に考えると、私の先生たちは”自分達よりいいプレーヤーを育てよう”という気持ちは無かったと思う」と言っていた。


「あなたはまだ”これができていない”」と言って、いつまでもワークショップに通わせようとする。いくつものクラスを設定して。生徒たちをいつも自分達より「低く」おさえこんで、ショーには出演させない。自分達は出演するけど。そういうのって、いかがなものか。

サンフランシスコで、あるグループの即興のショーを見た。シェークスピアスタイルのロングフォーム。ベテランプレーヤー(2人)、中堅(2人)と新人(4人)。悪い意味で、レベルの差がありありと見える。なぜなら、台詞をしゃべったのはベテランか中堅のみ。新人はまったく台詞をしゃべらない

しゃべれないのか/しゃべってはいけないということだったのかは分からない。しかもシーンのすべての展開を起こしているのはベテラン。新人がまったくオファーをしないのだから(ほとんど舞台装置代わり)仕方がないのかもしれないが、ベテランが新人を立てることもできたのでは。

このようにアメリカで30年ぐらいインプロをやっているベテラン・プレーヤー(この人たちは講師でもある)が新人を育てられていない。それだけ「インプロプレーヤーを育てる」のは簡単なことではないのかもしれない。逆に「簡単さ!」と言いたいけれどもね〜(苦笑)。

それにしても、この彼らのロングフォームは本当に酷くて、言葉はそれらしい言葉使いをしているけれど、それ以外「どこがシェークスピアスタイル?」と突っ込み所満載。このグループはこの界隈では発言権があるし、このグループを「崇拝」している人たちもいるから、本当に頑張って欲しいなぁ〜。


ショーの後で、出演していたベテラン・プレーヤーと話しができた。ショーは大変だったんじゃない?「そうなのよぉ〜。」講師にも「本音」がある。生徒には話せない本音。でもそれは、すべて生徒のためになる「本音」であってほしい。自分のためではなく。

September 27, 2012

講座(ワークショップやレクチャー:それぞれ45分ずつ)は、2日間で31講座。

そこから6つを選び参加できます。中には、祖末な内容の講座もあったようで(ヨーロッパの友人は激怒してました。苦笑)中には素晴らしいものも。ただ1講座45分と非常に短かったため、内容がどうしてもアイデアの紹介のみになり、それが残念でした。

簡単に講座を翻訳しながら紹介しま〜す。

社会改革への相手とのインプロ
ネットワークとインプロ
なぜ感情が働くか
ステイタスを使ってベターなコミュニケーションを
即興的なプレイスペース(新しいインプロの調査)
ステイタスとストーリー

セラビーからパフォーマンスへ
ステイタスを使って葛藤を解決する方法
あなたの会話を歩く
ストーリーを使ったサービス
シアターゲーム
AINマスタークラス
教室におけるステイタスと社会的正義
よきコミュニケーションへの知恵
思考からの脱出

弾力性のある行動:軍人教育にインプロを使う方法
リテラシーの構築のためのインプロ
問題解決のためのインプロの4つのステップ
自発的行動の7つの要素
ここにいるための勇気を見つける
ファイナンスがインプロに出会ったとき
顧客との関係を築くための応用インプロ

コラボレーション
ニューロンとインプロ:変化を起こすために。
インプロとキャリア・デベロップメント
インプロにおいてノーはイエスである
マネージメントにおける呼び関係
リスクティキングに飛び込む/

トランスフォーム(変化)辞職からエンパワメント
サイコドラマ(応用インプロのルーツ)
ストーリーテリング:インプロからトランスフォーメーション。

わたしが受講したのは以下の6つ。顧客との関係を築くための応用インプロ/ステイタスとストーリー/マスタークラス/軍人教育のためのインプロ/ファイナンスがインプロに出会った時/トランスフォーム。

どれも非常に興味深いものでした。

September 26, 2012

22人のTED形式のスピーチ・リスト

TED形式のスピーチが22人から行われました。
以下が、それぞれのタイトルです。
スポーチはTED風で、パワーポイントやわたしが知らない新しいソフトウエアーを使って、とても分かり易く簡潔なものが多かったです。

イエスアンドをビジネス界に取り入れるための方法
顧客を得るための方法
ファイナンシャルとインプロの出会い
ビジネス界の言葉をしゃべろう
出版の大事さ(書いて、書いて、書いて!)
パートナー
自分のモンスターと出会おう
企画を立てる才能の伸ばし方
フォロー&フォロアー
新しい学びの方法
シニアへのインプロ
コミックヒーローの考え方をビジネスに使う方法
エクゼクティヴへのインプロ
応用インプロって何?
台湾でのインプロの発展
脳とわたし
クライアントは気にしていない。
イエスアンドは勇気ある経験
2分でクライアントを成功させる方法。

September 25, 2012

「イエスアンド」をビジネス界に引用する方法

「「イエスアンド」をビジネス界に引用する方法」
Sue Waldenのレクチャー。

どんな分野にも専門用語があるが、それをそのまま一般の人に使っても意味が伝わらない。
伝えたい人の言語内にある言葉で言い換えること。

「イエスアンド」はインプロバイザーの専門用語。医学における医学用語と同じ。だから一般の人たちには伝わりずらい。だから言い換えること。伝わる言葉を見つけること。

インプロはあくまでも「ツール」であり「商品そのもの」ではない。とスー・ウォルデンさん。だから研修企画書に「インプロ」の言葉は入れないと。すごく納得&賛同。

企画書に「インプロ」の言葉は入れない。
これがアメリカの応用インプロ界のスタンダード。

しかしこれも「絶対」ではないと思う。日本の場合はちょっと状況が違うから。

むしろ日本では「インプロ」という言葉を入れれば仕事が来ると思っている人も多いのではないだろうか。

いずれにしても先駆者の言葉を鵜呑みにしないで、現実を良く見て、自分で行動の判断をすることが大事だと思う。

September 24, 2012

国際コンフェランスに参加してきました!

9月20日〜23日までサンフランシスコで開かれたApplied Improv Net Work (応用インプロのネットワーク)の国際コンフェランスに参加してきました。

<コンフェランスでの学びノート>というタイトルで、いろいろとツィッターでつぶやいております。

初日は3グループに別れ、見学授業。
スタンフォード大学(Higher Education)/アカデミー・オブ・サイエンス(Biodiversity)/サンフランシスコ・ジャズ。わたしはスタンフォード大学見学コースに参加しました。

スタンフォードで Institude of DesignでDesign Thinking Processのワークショップを受講。その後インプロを教えた最初の講師パトリシア・ライアンと現在の担当者からインプロがどのように大学に入っていったかのトーク。

移動のバス中で配られたプリント
大学内でやること。
1)イエスアンドのサンプルをキャンパス内で見つけること。
2)ランチでは、今まで食べたり飲んだりしたことのないものを選ぶこと。
3)ランチの時に使ったものでオブジェを創り、その写真を取り 送ること。
4)自主的に学生や職員にインタビューして、どのようにインプロが活用されているかを調査してツィートすること。
5)学内の変わった場所の写真を撮ること。
6)4時にバスに戻ること。
7)撮った写真はメールで送ること。
8)コンフェランス中に、どうしたら新しいコネクションをつくれるかのブレインストーミングをすること。

「なんだか、ガツガツした感じの提案だなぁ〜」と思って回りを見渡すと、2回以上参加した人たちは「いえぇ〜い!」といった雰囲気で、「なんでもガンガンやる」的な感じ。
私的にはどんびき〜(苦笑)。

スタンフォード到着。
スタンフォードのキャンパスは、遊び心あふれたデザインがいっぱい。
「ここは代官山?」みたいなおしゃれさもある。Dスクールの壁はすべてがホワイトボード。スライド式になっていてアイデアを書き込めるようになっている。創作環境の豊かさを感じた。

Design Thinkingについてのレクチャー。
この考え方 のプロセスは以下。

1)Empathize 2)Define 3)Ideate 4)Prototype 5)Test

Design Thinking のプロセス。
1)Empathize とは。
1:Be curious (好奇心があること)
2:Ask "Why?" (どうして?と聞くこと)
3:Ask for stories (ストーリーを聞くこと)。

2)Define(定義する)問題を出す。すべての困難は可能性であると考える。
3)Ideate(イメージする)問題解決方法を考える。
もし?を使う。考えられるだけの解決方法を考える。
4)Prototype アイデアでプロトタイプを創る。発表する。

スタンフォード見学後、全体集会。
Bernie DeKovenのワークショップ。
無意味に明るいエアロビクスのような雰囲気にはどん引きだけど、200人をリードするのはすごい。
アメリカではもっと大きな規模のワークショップをばんばんやっているよう。特に大学で。

その後「One World Music」の演奏とレクチャー。
彼らは音楽を通してコミュニケーションの大事さを伝えている。
素晴らしい即興音楽とよき人間関係は似ている。

よく聞くこと。対話すること。スペース(余白)をつくること。
アイデアを積み上げること。
ソロとアンサンブルのバランスに気をつけること。

レクチャーをした彼が面白いことを言ってた。
「Stay here and see what's happen」続けていると「もう止めたほうがいいかなぁ〜」と思う時があるが、そこで止めないで「そこにいて、何が起こるか見てみよう」と自分に言い聞かせてみること。


September 15, 2012

ポスターのアイデアは没。

来年8月に上演予定の「Red Demon」のポスター。
作ってみたものの、プロデューサーのスクエアーから「これじゃ売れない」とダメだし(涙)。

私的にはすごく好きなんだけど。。。

どう思いますか?

Readdemon3_7


September 14, 2012

根拠なく、自分をはげましていく。

最近のツィッターでつぶやいたこと。

若い頃、8年いた劇団をほとんど「首」同然に辞めさせられた後、私にはまったく仕事がありませんでした。「うちの芝居に出ない?」と声をかけてくれる人は誰もいませんでした。バブルの頃は山ほどあったCMの仕事も全く無くなりました。でも私はこうして今、演劇で食えています。若い人、がんばって!

全く仕事が無い時、自分を盛り上げるために「自分はいつか、ものすごく忙しくなるかもしれないから、そのために心の準備をしておこう」と思っていました。もちろん仕事はまったくありませんでした。ただ自分の折れそうな気持ちを平常に保つために、そう想像したのです。

今、不思議なことに、予想の通りに忙しい毎日をおくっています。20年前には想像できなかった所に自分はいます。つまり、誰にでも、そういうことが起こるということだと思います。だから(しつこいけど)若い人、がんばって〜。あなたが忙しくなる日がいつか来ます。

補足。

ホントウに昔の私は、自分で自分を「励まして」いました。
未来への期待などなく、助けてくれる人などなく、どうなるか分かりませんでした。
でもただただ、根拠なく、「自分を励ましていた」のです。

或る時、道を歩いていて、道ばたのコンクリートのところに雑草が生えていて、そこに小さな花が咲いていました。

わたしは「自分を花にたとえたら、もしかしたら、この花かもしれない。誰にも知られず、ひっそり咲いて終わっていくのだ。自分では注目されたいと思っていても、それは無理な話しなのだ」と。そしてある意味、絶望的な気持ちにもなっていたのです。

でも、これだけは自分の基準にしてきました。「自分がホントウにやりたいことだけをやる。」
それで食っていく。

いま、その希望の通りになっています。
そして、こんな日が来るとは予想だにしていませんでした。

そういうこともあるってことです。

ですので、若い人たちの中には、自分の不甲斐無さを嘆いている人もいるかもしれませんが、反省だけではなく、根拠なく自分を励ますことも、時には大事なんじゃないかなって。

そう、50歳を目の前にしているわたしは思っている次第です。

September 10, 2012

強風にて一日中いえごもり。

今日は強風のオークランド。
庭でガーデニングをしたいと思ったのですが、あまりの寒さに断念。
一日中、家で仕事でございます〜。

日本とのメールのやり取り。
今年後半から来年にかけての、日本で行う、いろいろなワークショップやショーの企画について。
ここのところで、来年のスケジュールがだんだん決まってきましたので、それに伴うスケジュールの調整。

そして、来年は大学院受験を決行予定!
教授には「博士課程からの入学は無理なのではないか」とすでに言われているのですが(苦笑)、「だめもと」で決行予定です!ダメだったら、修士課程から入学しなおしますっ。それでもどうしても、やりたいことがあるので、後悔しないためにも来年チャレンジです。(じゃないと、どんどん年取っちゃうから〜)。

受験は英語テストと面接。
英語はTofel を受けます。その前に、英語をちゃんと勉強しなおさねば!
(どうやって勉強したら効率的か、それを今考えています。どなたかご存知だったら教えてください!)

面接は自分の研究のプレゼン。
これはどっちかというと自信があります。ただ面接官はかなり厳しいそうで、すでに受験した友人によると「意地悪な質問をたくさんされて、半べそかいと」とな。むふふ、タフに行きたいです。

そしてニュージーランドでは、来年3月と8月に大きな公演の演出をします。
こちらも、決めなくてはならないことが目白押し。
1度にこんなにたくさんの仕事を抱えることが今まで無かったので、目を白黒させているところです〜。ふぅ〜。パニックになりそうな自分を「落ち着け自分」となだめ、一つひとつに集中するようにしています。


424620_182980681836947_1993121086_n

今こそ、NOWを大事にしなくてはと痛感する毎日です。

September 09, 2012

レモンだらけ。

今年もたくさんのレモンがとれました。

Lemons_2012_2

何に使いましょう〜?

日本ではレモンが高いので、ほとんど買うことはありません。
しかし、ニュージーランドの家に帰ってくると、逆にレモンだらけ。どんなものにもレモンを使います。
野菜や果物をふんだんに買うことができるのも、ニュージーランドのいいところです〜。

ツィートしてくださいませ〜!

もう本当にご無沙汰している「(ほぼ)デイリー絹川」です。
申し訳ありません!!!!

最近、つとに、書きたいことは、ツィッターにつぶやいております。

もし絹川のつぶやきにご興味のある方は、@yurimproでツィートしてくださるとありがたいです。
(注:たまに「毒」を吐きますので、ご注意!苦笑)

September 07, 2012

ある雑誌のインタビューを受けました。しかし。。。

ある日本人向けの雑誌からインタビューを受けました。
以前、この雑誌からインタビューを受けた友人が、私を紹介してくれたらしいです。

当日、彼らは15分も早くやってきて、自分達の名前も言わずにインタビューが始まりました。

最初の質問は、「絹川さんはニュージーランドに住んでいるんですか。」
私の答え:「はい、住んでいます。」(心の声:私のことをどのくらい知っているんだろう。って言うか、あなたの名前は何?この取材はどういう意図で、どういうタイトルで、載せるの?そういう説明まったく無しで、行き当たりばったりで質問しちゃうわけ?)

インタビュアー:「でも日本にも、ちょくちょく行かれていますよね。それでもニュージーランドに住んでいらっしゃると言うんですか。」
私の答え:「そうです。ニュージーランドに住んでいます」(心の声:何か責められているみたい。意味不明。日本に住んでいると言わせたいみたい。どうしてだろう?それよりも、あたなの髪はぼっさぼさです。どうにかしたらどうかしら)

このように、インタビュアーは私のことを全く知らず、自分が導きたい答えばかりを引き出そうとするのです。「ニュージーランドと日本は違いますよね」(=「違いますね」という答えが欲しい)とか「やっぱりニュージーランドはいいですよね」(=ニュージーランドがいいと言わせたい)とか「行ったり来たりするのはやはり大変ですよね」(=大変ですという言葉が聞きたい)とか「日本では狭い家に住んでおられるんですよね」(=日本の家は狭いです。ニュージーランドの家は大きいですと言わせたい)とか。

しかも「ニュージーランドに住む理由は何ですか」とか「あなたにとって演劇やインプロをする理由は何ですか」とか、一言では語れない事、私にとってとても大事にしている事を、「トイレはどこですか」と同じレベルで質問してきます。わたしも失礼極まりないのですが、「あんたには言いたくないよ」と言い返してしまいました。(苦笑)。

あまりにも腹が立ったので、「ニュージーランドと日本の違いは何ですか」という質問には「同じですね」と答えました。(考えてみたら、私はなんてひどい人間でしょう。。)

相手が「ここが違うから、いいとか悪いとか」そういう答えを望んでいるのが分かったので、「あなたは、違うから、いいとか悪いとか、そういう答えを私から引き出そうとしているんですよね」と聞いてみてしまいました。

インタビュアーのおばさんはびっくりしたように黙ってしまいました。わたしも黙りました。
「早く終わって欲しいなぁ〜」と心で願っていました。

それにしても。
私は昔から、こういうインタビュアーに心を開くことができません。
心が狭いからだと思います。でも、でもだとしたら、狭くたっていいよ、心が。って思ってしまう。。

自分の欲しい答えを出させて記事にする。
だとしたら、インタビューしなくたっていいではないですか。

。。。本当のジャーナリストは違うよね、きっと。
ちゃんと聞いてくれるインタビュアーもいるんだと信じたいです。

それにしても、ひどいインタビューでした。

September 06, 2012

来年3月に演出します。

オークランド・シアター・カンパニーで打ち合わせ。

この劇団は、オークランドで一番大きく成功している劇団です。
規模は全然違うけど、東京で言えば、劇団四季?文学座?コンサバなナイロン100℃?

実は、まだ一般には公開されていないのですが、「オークランド・フェスティバル」で上演される彼らのカンパニーのひとつの演目を、わたしが演出することになったのです。

しかも、それは「劇場」で上演するのではなく、ある「ストリート」を使って、そこをお客さんたちが歩きながら「演劇体験」をする企画。普通の演劇ではありません。

この仕事はいわば「わたしが演出家として使えるかどうか」をテストされているとも言えますので、本当にいい作品にしたいと思っています。

September 02, 2012

<定例会>の「即興を遊ぼう会」を行いました。

<定例会>の「即興を遊ぼう会」を行いました。

いろいろなクリエイティブになるゲームを中心に。

たくさんの方々にお集りいただき、とても盛大なワークショップになりました。

みなさんとゆっくり話しができなかったのですが、企業研修関係者、学生、劇団関係者、研究者など、実にさまざまな皆さんにご参加いただきました。

ありがたいことです。。

10月は島崎が講師として登場します。
なんと「キャラクター」を使ったシーンづくりを楽しむらしいです。

面白そう〜!

ぜひ、ご参加くださいませ!

September 01, 2012

<名古屋>ワークショップ!

名古屋で1日:ワークショップを行いました。

モチベーションの高い方々が多く、こちらのコメントに「おおお〜っ」とビビットに反応してくださる姿に、わたし自身も盛り上がって共に学んだという感覚があります。

名古屋は不定期ですが、コンスタントにワークショップをさせていただいておりまして、これは株式会社ミュゼさんのおかげです!本当に感謝してます。

そしてなんと!

来年の1月には「指導者のためのインテンシブワークショップ」を、名古屋で実施することになりました!

こちら、ハードな内容ですが、参加者のみなさんには必ず勉強になるものとなっています。

このような内容の濃い(楽しいだけではない)ワークショップを要望されることは、私としても多いに気合いの入ることです。

ぜひ、いいワークショップにしていきたいと思います。

なお、この情報に関しましては、詳細が決まり次第、HPにて掲載させていただきます。

« August 2012 | Main | October 2012 »