My Photo
無料ブログはココログ

« 国際演劇協会(ITI) の臨時総会に参加。 | Main | ブログ辞めようかな〜。 »

January 06, 2013

新年のご挨拶


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  コラム 『キヌガワの最後っ屁』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新年あけましておめでとうございます。

2012年は通常業務に加えて、新しいことにチャレンジした年でした。

インプロワークス 2012年 総決算

1月:年始早々企業研修スタート/WS数々。

2月:準備期間とはいえ、地域創造での研修事業などWS数々。

3月:フジテレビの番組撮影。絹川ニュージーランドでのプロジェクトスタート。

4月:玉川大学非常勤講師/桐朋学園大学ゲスト講師として授業開始

5月:茨城大学公開講座/指導者のためのWS充実!

6月:下北沢楽園「シアタースポーツ」/シアトルにて;オーカスプロジェクトのリハ&公演

7月:ダンスカンパニー・ニブロール「See/Saw」出演/高齢者対象のWS大好評。次々に予約が!

8月:下北沢楽園「シアタースポーツ」/去年に引き続き、強行軍の石川県高校ワークショップ

9月:サンフランシスコ;Applied Improv Network コンフェランスに参加。大きな刺激!

10月:沖縄:国際的コンフェランスでのワークショップ実施(英語)

11月:ニュージーランド「Walk Eat Talk」のテストショー成功/「俳優のためのハンドブック」出版(フィルムアート社)

12月:さまざまな即興パフォーマーとのコラボレーション;IF…「インタビュー東京」上演。
   ついに清水博先生とのコラボレーション実現!「場の研究所」での即興演劇レクチャーとパフォーマンス。


もちろん上記に加え、定例会「遊ぼう会」、「インプロ入門」「イエスアンド」クラス、
「大人のインプロ」クラス、「継続」クラス、
企業研修やさまざまな講習レクチャーもございました。

ワークショップに参加くださった皆さま、
公演にご来場くださった皆さま、
私たちを支えてくださっているスタッフの皆さま、
その関係者の皆さま・・・。

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。


そして今年。


どうやら、絹川自身は「引きこもり、勉強し、追求する」年になりそうです。
以下が2013年の予定でございます。

1)客員教授に就任
絹川は、本年度より、青山学院大学の客員教授に就任いたします。
社会情報学部での授業、ワークショップデザイナー育成プログラムの講師、教育プロジェクトなどに関わります。
「ワークショップと学び」(東大出版)の著者でもある苅宿俊文先生と、
これから10年のスパンで、新しい教育を学校に提案するプロジェクトに真剣に取り組みます。
(もちろん玉川大学非常勤講師や桐朋学園大学ゲスト講師も引き続き行います。)


2)東大との共同研究
「共同研究者」という立場で、東京大学の岡田猛研究室と「即興演劇」について研究をおこないます。


3)国際レベルでの活動
Applied Improv Network のメンバーとして「インプロに関するデータベース」づくりに関わります。
世界中のインプロに関する論文/著書/資料をデータベース化して、誰でも閲覧できるようなシステムづくりです。


4)即興をキーワードに、さまざまなアーティストとのコラボレーション
現在企画中。インプロが社会としっかりと関わるために、いろいろな方々との活動を行います。
6月には公演を予定しています。


5)演出もス。
3月に「オークランド・アート・フェスティバル」の一環として「Walk Eat Talk」、
8月に野田秀樹作「赤鬼」をニュージーランドキャストで。両方とも演出を担当します。


6)「場の研究所」清水博先生に賛同。
ローカルネットワークづくりに貢献します。越後妻有などでの活動を開始します(予定)。


<通常ワークショップに関して>
例年よりも少し数が減るかもしれませんが行うつもりです。
みなさんと「知」や「経験」のシェアーを、よりオープンにしたいと思っています。


<ワークショップの企画形体を変えていきます~!>
こちらが企画したものに参加いただく「主催者主体のワークショップ」ではなく、
「こういうワークショップをやって欲しい」という依頼によって企画する「参加者主体」形体に、
徐々に移行したいと思っています。

どうぞ、みなさんの「これをやりたい!」を提案してください!

<最後に>
このような活動を通して実現したいのは、
「インプロ的生き方」の提案による「より良い社会づくり」への貢献です。

「インプロ」自体をセールスするのではなく、
「インプロがおこっている状態」
 =台本なく、予想外の事態が起こっても、それぞれが自分らしくクリエイティブに関われる関係や場所づくり

つまり

「=即興劇が成立している関係性や場所」を

実社会で創りたいと思っています。

もちろん、そのためには自らパフォーマーとしての自己鍛錬を欠かすことができませんので、
その努力も怠らないようにしたいと思っています。


まずはダイエットです~!


ぐぐぐぐ。。。


(苦笑&冷や汗)


<最後の最後に>

もしかしたら今年のインプロワークス(株)は、
外から見たら動いていないように見えるかもしれません。

しかし、植物がいつの間にか育っているように、一滴一滴の水しずくが石に穴を空けるように、
私たちは少しづつ成長し続けたいと思っています。

なにしろ、私たちの力は「継続」。
インプロが日本に上陸した時から、ず~っと活動を続けていますから・・・。


ということで、

引き続き活動します。

みなさま、引き続きのごひいき、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

末筆ですが、


みなさまにとって、今年が素晴らしい年でありますように・・・。


心より、お祈り申し上げます。


2013年最初の大安吉日

« 国際演劇協会(ITI) の臨時総会に参加。 | Main | ブログ辞めようかな〜。 »