My Photo
無料ブログはココログ

« それ矛盾しているじゃんっ! | Main | わたしをツィートしてくださ〜い!@yurimpro »

March 22, 2013

立場をかえると見えてくる。

今週末に「Red Demon(赤鬼)」のオーディションをおこなうための準備。

せっかく応募してくださったのだから、できるだけ全ての役者さんに会おうとスケジュールをやりくり。

しかし現在、なんと50人近くの応募があり、2日間で全員にお会いするのはとても難しい状況に。
まさかそんなに応募があるとは思っていなかったので、明日がオーディションだというのに、こちらがアタフタしております(苦笑)。申し訳なく、「ごめんなさい」せざるおえない方々も。

それにしても、オーディションをする側に立つと、いろいろ見えることがありますね。
わたしは今までオーディションを受ける側だったので、そちら側の気持ちはよく分かります。
できるだけ「気にってもらえるように」最善をつくすのです。自分をアピールして、言葉をつくして。

ただ、オーディションする側の立場だと、CV(履歴)は簡潔に1ページにまとめる/分かりやすくポイントが示されている/写真はプロフェッショナルに撮影してもらっている/などが大きなポイントになりますね。写真やCVの書き方がアマチュアだったり、経歴に関係ない仕事を掲載したりしていると、それだけでマイナスポイントになってしまいます。

相手の立場に立つと、相手が何を求めているかがよく分かる。

ということでしょうか。

そういう意味では、どんな仕事でも、どんな立場でも、同じ。
相手がいる場合はそちらの側に立って物事を考えると、相手にとって嬉しい対応ができるのですね。

« それ矛盾しているじゃんっ! | Main | わたしをツィートしてくださ〜い!@yurimpro »