My Photo
無料ブログはココログ

« ホロコースト記念碑がなぜベルリンにあるか? | Main | リテラシーが必要だと思われる事柄。 »

October 03, 2013

ベルリンにて。国際応用インプロ・コンフェランス開始

コンフェランスがスタート。最初のジャーニーは3つからの選択でした。

1)Movein' into Impro(ムーブメント)ータンゴでリーダーシップを学ぶ。コンタクトインプロ、アクションシアター。

リーダーシップを学ぶための体験的ワークショップがたくさん紹介されていたようです。基本的にはリーダーとフォロアーの関係を、タンゴ(といっても、おそらく本当のタンゴではないと思いますが)のスタイルを使っていたようでした。これ、私のワークショップでもやってみたいと思います。

アクションシアターは、ドイツのパフォーマーが考えだしたものらしいです。やったことは、すごくベーシックなムーブメントのインプロだったみたいです。

2)The Playful City(ベルリンを知る)哲学者がインプロについて語る。
本当はこれに参加したかったのですが、満員ではいれませんでした。でも参加した人たちから聞くと、あんまり面白くなかったみたいです。。

3)Free Jammin' (音楽インプロ)インプロヴィゼーション学校の教授がリードする音楽インプロセッション。

わたしは自分が「フリープレイ」を翻訳していることもあり、音楽インプロ。ワークは非常にベーシックなものでしたが、「フォーム」について考えさせられるものがありました。

その後はパーティ。300人ぐらいの人が集まっていて、凄い熱気でした。みんなが一斉にしゃべっている感じで。私は久々にドイツの友だちたちと会えたことがとても嬉しかったです。

マニラ、香港、台北、フィリピンなどにも応用インプロのカンパニーがあるようです。
興味深し。

さらにリサーチしていきま〜す!

« ホロコースト記念碑がなぜベルリンにあるか? | Main | リテラシーが必要だと思われる事柄。 »