My Photo
無料ブログはココログ

December 02, 2004

人を信頼するということ。

『智慧の実を食べよう 学問は驚きだ』(糸井重里・出版ぴあ)を読んだ。

中で、社会心理学者の山岸俊男さんが、「信頼」についてとても面白いことをおっしゃっている。

<日本人とアメリカ人。>
他人に対する信頼度合の高いのはどっち?

これがなんと、アメリカだそうだ。

なんと日本人は(世界的にみて)、他人に対する信頼度が低めらしい!

一見信頼関係で成り立っている日本の社会は、「~するかわりに~すること」という関係をつくることでお互いが共存できているだけであって、信頼関係ではないのだそうだ。「人を信頼する」ということは、ともすると「裏切られるかもしれない」という危険がある。だから山岸さんは信頼とはリスクを負うことだと言う。

そういわれてみると確かにそうかもしれない。
わたしも思い当たる経験がある。

たとえば外国だと、無償で人のために何かをすることは、ごく普通の行為だ。わたしが海外に行くと、みんなできる限りもてなしてくれる。ボランティアで人のために活動している人も多い。反面、日本では海外の友だちが来ても、「ごめん、仕事が忙しいから」と言って、もてなす時間をとることができない。「お金」が派生しないと、他人のために動かない人が多い。こんなに裕福な国なのに、駅前の募金箱にお金を入れる人が、ものすごく少ない。

他人に協力できない=他人を信頼できない。
他人に協力できる=他人を信頼できる。

無償で他人に協力できないから、他人を信頼できない。
他人を信頼できないから、無償の協力ができない日本人。

どうしてそうなのか?
山岸さんはここで、はっきり回答をしているわけではないのだが、わたしなりに解釈すると、こうです。

自分が孤独だと思っている人のほうが、孤独だと思っていない人よりも人間関係に敏感である(本著引用)―。

つまり、人にあまり共感しない人、協調性が低い人、共同生活がニガテな人ほど、人間関係を正確に見極めることができる。だから他人を信頼できないし、リスクを負えない。

つまり、日本人は“孤独”と思うことが、他国の人たちより多いのではないだろうか?
家族は少子化しているし、近所付き合いはないし、仕事の仲間は仕事のときだけと割り切っている人も多いし、夫婦は一緒に行動しないし、子どもは一人で夕飯を食べるし。。。。

日本人はみんな孤独なのかもしれない。
だから、なかなか人を信頼できないのかもしれない。
「忙しい、忙しい」と言っている人たちは、実は他人が信用できないから、自分ですべてをやろうとして、抱えているだけかも、、、。

自分の行動を振り返ると、そうだったことが多々あったなぁ~。
わたしって、なかなか人を信用することができていないなぁ~。
協調性ないしなぁ~。。。。

これってなんか、こころもちが卑しいかんじ。こころが淋しいです。

再び山岸さんの言葉を引用させていただくと、
社会的知性にはすくなくとも二種類があるそうです。

1)「開かれた社会での適応に役立つタイプの社会的知性」

他人に対する信頼感が高く、あるいはその機会を追求しようとするためにリスクを負うもの。
関係に縛られないような状況での他人の行動の判断にすぐれている。

2)「閉ざされた社会環境での適応に役に立つ社会的知性」

低信頼者の間で高く、こういう知性の持ち主は、安心していられる関係、
お互いにお互いを縛りあって裏切ることができないような関係を求める。

日本社会では今まで、(2)のほうが大事だったようです。
しかしこれからは、言うまでもなく、(1)ですよね。

ちなにみ、これはインプロ・ワークス&キヌガワの仕事の仕方、仕事の選び方と同じ考え方!
わたしの活動方針は、開かれた信頼関係でみんなと仕事ができること。
社会心理学者さんと同じ考えであることは喜ばしい。
まだまだ発展中のわたしだけれど、大事なことを肝に銘じていきましょう。

ちなみに、他人を信頼すると、快楽を感じる脳の部分が活性化するそうですよ。

ほんとうに、学問は驚きですね。

November 26, 2004

ひらめき。

「直感を信じる」

最近よく聞かれる言葉だけれど、「直感」って、いったいなんだろう?

「直感」って、ひらめくこと。
だから、時間をかけてよく考えたから出てくるとは限らない。
ひらめきはある日突然やってくる。
わたしたちはそれをコントロールすることができない。

なんだか、神秘的だなぁ~。。。。

それゆえ、意味が分からないのに、なんとなく使っている人もいるように思える。「インプロはひらめきが大事だ!」とか「わたしは直感人間なんです」とか、ザッパリと言い切ってしまう人たちの一体何人が、「ひらめき」や「直感」の正体を知っているだろうか?

さて「直感」は右脳からやってくる。左脳を使っているときは「直感」が働かないらしい。

そして、人間がひらめくためには、4つのプロセスがあるという。
(吉永良正著『ひらめきはどこから来るのか』草思社より)
1) 考えて考えて考え抜く時期
2) 考えすぎて、壁につきあたる
3) ホケ~っと忘れる
4) 関係ない活動をする。
→ある日突然、ひらめく!

つまり、考えるだけでは直感は働かないらしい。考えが「浅い」のもダメ。しかも考えているだけじゃなくて、身体を動かすことも大事らしい。そして、自分の考えを「手放す」こと。

面白い例がある。
ゲルマンというシカゴ大学の研究者は、講演で間違えた数字を言ってしまったことで、新しい方程式を発見した。口がすべっていい間違えた数字。この数字が、すべてを解決する方程式を導いてしまったのだ。

このように、直感はひょんなことから現われる。予想ができないし、コントロールできない。

これを上手につかむには、日ごろから開いた心と身体が必要なんじゃないかと思えてきた。
突然あらわれるんだから、うかうかしてられない。柔軟性がないと受け取れない。

「ひらめく」ためには、いつでも即興で生きることが大事だ。

November 06, 2004

ヒザゆるんでますか?

みなさん、ヒザのお皿、ゆるんでますか?

ヒザが痛くて困っていたら、ヒーリングできる即興ミュージシャンの歌ちゃんがわたしのヒザを触ってくれた。そして一言。「あれ、ゆりゆり、ヒザのお皿が固いねぇ~」。「お皿?ぜんぜん動かないよ。え?動くのが普通なの???」。我がお皿は脚にへばりつき微動だにしない。となりにいたナオミンのヒザを触らせてもらうと、あら不思議、ガクガクン、グリグリンとゆるく動くではありませんか。「え~!変だよ、動くよ、おかしいよ!」。さらに驚いたことに、人間の健康なヒザのお皿は、触るとガクガクって動くもの。「動くほうが普通。あたりまえ」なのだそう。

知らなかったぁ~!

歌ちゃんに固まりをほぐしてもらったら、こりゃまた不思議。ヒザの痛みが無くなった!彼いわく、これは応急処置にすぎないので、ちゃんとほぐした方がいいらしい。それから意識して、ヒザのお皿を自分なりにウニウニとつまんだり押したりしている。

それにしても。

ヒザがそんなに硬くなっているってことは、もしかしたらがんばりすぎていたかなぁ?「がんばりすぎないでいいんだよ」と言っていたくせに、実は自分自身が「がんばっていた」のかなぁ~?それで余計な力をかけたから、ヒザに疲れが溜まってしまったのかなぁ?

そういえば先日、八雲国際演劇祭のイエローマンの公演のあとのパーティで、以前わたしのワークショップを受けてくださった女性からこう言われた。「初めてユリさんのパフォーマンスを見て、とても驚きました。だって楽しそうで、チャーミングで、可愛いんだもの!ワークショップのときと別人みたい。ワークショップのときのユリさんは、教えることで必死だったでしょ。深刻な形相だったので、実を言うとちょっと恐い印象があったの」。自分では気がつかなかった自分(きっと鬼みたいな顔だったのかも?苦笑)を目の前につきつけられたような気がしてショックだったけど、これが真実だったんだなぁ~。教えてもらって、本当にありがたいと思った。気がつかないうちに、がんばってしまっていたんだなぁ~、自分。

あなたのヒザはどうですか?

緩んでいますか?