May 05, 2014

ブログをお引越ししました〜!

ブログを移動しました〜!

ココログで長年続けていたのですが、重いデータがアップできないので、、。
久しぶりにブログを見返してみたら、最初の投稿が2004年10月1日。
10年間続けてたんですね〜。

ココログに移行する前も別サイトで数年続けていたので、
わたしのブログライフもなかなか年季が入ってます。なぁ〜。

10年前のブログを読み返してみましたら、なんか今と同じようなことをつぶやいていて、
「成長してない自分」を見つけました(涙)。

これからは、少しでも成長したいですっ!

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします〜!

http://www.impro-works.info/yuriblog%E3%81%B6%E3%82%8D%E3%81%90/

January 05, 2014

2014年が、皆様にとって愉快な年でありますようにや〜!

Matu_2


January 01, 2014

謹賀新年2014年

Matu

実はここ3ヶ月は大変でした。
忙しかったし、精神的にも体力的にもシンドイことが続いてて「いつ倒れてもおかしくないだろう」と自負しておりました。

結局倒れなかったけど(苦笑)。

ようやく年があけて、今月は何とか良くなりそうな予感。

みなさまも健やかにお過ごしください〜!

December 30, 2013

新年の目標→夢想も含めて。

さまざまな人たちが、ツィッターで「新年の目標」をつぶやいている。
私も新年の目標を書いておこうかな。
正直「無理かも、、。」と思っていることも、大胆に書いてみよう。

1)夢のクオリティを上げ、新しい観客に出会う。

2)最低2冊は出版。

3)ゼミ開始。

4)1月/8月の舞台を良いものに。

5)舞台の演出をしたいなぁ〜。

6)Toefulで100点。

7)たくさん学ぶだろうから、それをどんどん身につける。

8)研究本格的に開始。

9)メディアに登場。

10)科学と演劇を結びつける作品づくり。

11)面白い人たちとたくさん会う。

12)少しはお金のことを理解する。

13)演劇と社会貢献を結びつけるプロジェクト開始。

14)e-learningで「即興演劇」を用いた番組スタート。

15) 即興演劇の国際的トップリーダーたちとのスカイプ会議。

16) できれば夫の撮影にお供して、ヨーロッパを回りたい、、。スケジュール的には難しいだろうけれども。

17)頭の中の整理。いろいろな情報をまとめてアウトプット。

18)ドキュメンタリー作品をつくる。

19)Aレベルの人達と仕事をする。演劇でもいいし、映画でもいいし、アートプロジェクトでもいいし、研究でもいい。

20)「できない」と思わず、「できるところまで、やってみよう」と考える。

21)体力づくり。のまえに、ダイエット。あまりに太り過ぎなので(苦笑)。

22)制作、スケジュールやお金の管理がぜんぜんできない私。なんとか、これを改善したいです。

23)運転免許。。。。

January 06, 2013

新年のご挨拶


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
  コラム 『キヌガワの最後っ屁』
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

新年あけましておめでとうございます。

2012年は通常業務に加えて、新しいことにチャレンジした年でした。

インプロワークス 2012年 総決算

1月:年始早々企業研修スタート/WS数々。

2月:準備期間とはいえ、地域創造での研修事業などWS数々。

3月:フジテレビの番組撮影。絹川ニュージーランドでのプロジェクトスタート。

4月:玉川大学非常勤講師/桐朋学園大学ゲスト講師として授業開始

5月:茨城大学公開講座/指導者のためのWS充実!

6月:下北沢楽園「シアタースポーツ」/シアトルにて;オーカスプロジェクトのリハ&公演

7月:ダンスカンパニー・ニブロール「See/Saw」出演/高齢者対象のWS大好評。次々に予約が!

8月:下北沢楽園「シアタースポーツ」/去年に引き続き、強行軍の石川県高校ワークショップ

9月:サンフランシスコ;Applied Improv Network コンフェランスに参加。大きな刺激!

10月:沖縄:国際的コンフェランスでのワークショップ実施(英語)

11月:ニュージーランド「Walk Eat Talk」のテストショー成功/「俳優のためのハンドブック」出版(フィルムアート社)

12月:さまざまな即興パフォーマーとのコラボレーション;IF…「インタビュー東京」上演。
   ついに清水博先生とのコラボレーション実現!「場の研究所」での即興演劇レクチャーとパフォーマンス。


もちろん上記に加え、定例会「遊ぼう会」、「インプロ入門」「イエスアンド」クラス、
「大人のインプロ」クラス、「継続」クラス、
企業研修やさまざまな講習レクチャーもございました。

ワークショップに参加くださった皆さま、
公演にご来場くださった皆さま、
私たちを支えてくださっているスタッフの皆さま、
その関係者の皆さま・・・。

本当にお世話になりました。

ありがとうございました。


そして今年。


どうやら、絹川自身は「引きこもり、勉強し、追求する」年になりそうです。
以下が2013年の予定でございます。

1)客員教授に就任
絹川は、本年度より、青山学院大学の客員教授に就任いたします。
社会情報学部での授業、ワークショップデザイナー育成プログラムの講師、教育プロジェクトなどに関わります。
「ワークショップと学び」(東大出版)の著者でもある苅宿俊文先生と、
これから10年のスパンで、新しい教育を学校に提案するプロジェクトに真剣に取り組みます。
(もちろん玉川大学非常勤講師や桐朋学園大学ゲスト講師も引き続き行います。)


2)東大との共同研究
「共同研究者」という立場で、東京大学の岡田猛研究室と「即興演劇」について研究をおこないます。


3)国際レベルでの活動
Applied Improv Network のメンバーとして「インプロに関するデータベース」づくりに関わります。
世界中のインプロに関する論文/著書/資料をデータベース化して、誰でも閲覧できるようなシステムづくりです。


4)即興をキーワードに、さまざまなアーティストとのコラボレーション
現在企画中。インプロが社会としっかりと関わるために、いろいろな方々との活動を行います。
6月には公演を予定しています。


5)演出もス。
3月に「オークランド・アート・フェスティバル」の一環として「Walk Eat Talk」、
8月に野田秀樹作「赤鬼」をニュージーランドキャストで。両方とも演出を担当します。


6)「場の研究所」清水博先生に賛同。
ローカルネットワークづくりに貢献します。越後妻有などでの活動を開始します(予定)。


<通常ワークショップに関して>
例年よりも少し数が減るかもしれませんが行うつもりです。
みなさんと「知」や「経験」のシェアーを、よりオープンにしたいと思っています。


<ワークショップの企画形体を変えていきます~!>
こちらが企画したものに参加いただく「主催者主体のワークショップ」ではなく、
「こういうワークショップをやって欲しい」という依頼によって企画する「参加者主体」形体に、
徐々に移行したいと思っています。

どうぞ、みなさんの「これをやりたい!」を提案してください!

<最後に>
このような活動を通して実現したいのは、
「インプロ的生き方」の提案による「より良い社会づくり」への貢献です。

「インプロ」自体をセールスするのではなく、
「インプロがおこっている状態」
 =台本なく、予想外の事態が起こっても、それぞれが自分らしくクリエイティブに関われる関係や場所づくり

つまり

「=即興劇が成立している関係性や場所」を

実社会で創りたいと思っています。

もちろん、そのためには自らパフォーマーとしての自己鍛錬を欠かすことができませんので、
その努力も怠らないようにしたいと思っています。


まずはダイエットです~!


ぐぐぐぐ。。。


(苦笑&冷や汗)


<最後の最後に>

もしかしたら今年のインプロワークス(株)は、
外から見たら動いていないように見えるかもしれません。

しかし、植物がいつの間にか育っているように、一滴一滴の水しずくが石に穴を空けるように、
私たちは少しづつ成長し続けたいと思っています。

なにしろ、私たちの力は「継続」。
インプロが日本に上陸した時から、ず~っと活動を続けていますから・・・。


ということで、

引き続き活動します。

みなさま、引き続きのごひいき、どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、

末筆ですが、


みなさまにとって、今年が素晴らしい年でありますように・・・。


心より、お祈り申し上げます。


2013年最初の大安吉日

January 04, 2012

スタッフ写真にてご挨拶!

明日から営業開始しま〜す〜!

私は1日早く仕事はじめます。
今年も”オンリーoneのカンパニー目指して”マイペースに活動していきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

Staffphoto_2011

インプロワークス・スタッフ一同

(上段左より:明石光弘、落合由人、嶋拓也、中段:島崎真弓、廣瀬日美子、渡辺なほ、淡路たみ、下段:小里あゆ、絹川友梨。なおフルメンバーは加えて:大塚みずえ、五十嵐亮輔(研修生) 保坂嶺太(研修生)です。)

PS:明日(今年始めての大吉日)に、新年第一弾のメールマガジンが発行されます。
新年のご挨拶させていただいておりますので、興味のある方はHPのトップから申し込みくださいませ。
無料です。

December 30, 2011

年末のご挨拶

いよいよ、今年も終ろうとしております。
インプロワークス株式会社は、今日が仕事納め。来年は1月5日より営業開始です。

さて。
みなさま、大変お世話になりました。
ここにこうして集うことができること、こうしてHPに訪れてくださる皆様がいらっしゃることに感謝したいと思います。

今年は、全ての日本人にとって、激動の青天霹靂年でした。
正直に言いますと、私にとっては、自分の無力さや「何かしたい」と思ってもすぐに動けないジレンマにうちひしがれ、「がんばろう」とか「元気になろう」とか軽々しく言えない自分がいました。どんな善意も興味本位の押しつけになるような気がして、現場に行けない自分がいました。

”もう、それどころじゃないぐらい危機的状況になっている。”
そのことに呆然とし、”自分が必要とされたときに動けるようにする”ことに集中することにしました。

自分が/私どもが、具体的にこれからどのような活動していくのか。
それに、静かに耳を傾けたいと思っております。

さて、今年、印象的だったのは、たくさんの皆さんとの出会いです。
今年もさまざまな場所に行きました。
1月のアムステルダムから始まり、東京、大阪、名古屋、石川、広島、静岡など。

たくさんの大学/高校でも講座を行いました。
お茶の水大学、茨城大学、桐朋大学、昭和音楽大学、東京音楽大学、神戸女子学院、津幡高校、七尾東高校、金沢向陽高校、加賀高校、内灘高校、第一学院などなど。
また、たくさんの企業様でも研修を行いました。

そしてインプロの可能性を追究したパフォーマンス。
新しいフォーマット「三人の魔女」、定期的に公演した「シアタースポーツ」、新しいユニット「IF」でのマルチ即興公演。
来年は、さらにパアーアップしてお届けする予定です。

さて、私、絹川はただいまニュージーランドの自宅に戻っております。真夏の年末は、日本のそれとはちがって「だら~っつ」とした感じなのですが、日本を想い、今年お世話になった皆さまのお顔を思い出しています。

本当にお世話になりました。

皆さまにとって、心健やかな年の瀬になりますように。
そして、心静かに新年をお迎えになりますよう。

ゆっくり心こめてお祈り申し上げます。

インプロワークス代表:絹川友梨

May 22, 2011

いいお天気です!

いいお天気ですね!

みなさんは、この日曜日をどのように過ごされていますか?

わたしは、お芝居の稽古はお休みで、午後から「インプロ入門」のワークショッップです。

気持ちのよい午前中を気持ちよく過ごして、午後からのワークショップにTune Up です。

みなさまも、良き日曜日をお過ごしくださいませ!


March 16, 2011

絹川ご挨拶。

このブログでも報告させていただいたように、インプロワークスではしばらくワークショップなどの活動は見合わせることにいたします。

いつ何が起こるか分からない深刻な状態ですので、参加者の皆さんの安全を第一に考えました。

わたし絹川個人といたしましては、このような状況でどんなことができるのか。真剣かつ冷静に情報収集を行い、できることに対してアクションを起こしたいと思っております。

このブログを今お読みくださっている皆様、その友達、親戚のみなさん、すべての方がご無事でおられますよう。
そして、被害を受けられた皆さんの一刻も早い復刻をお祈り申し上げております。

また、わたし個人の意見といたしまして、生命維持のための活動に関わっておられない福島県近辺の方々の一刻も早い避難を願っています。これは国際的な会見では、すでに「本当に危険」な状況のようです。

わたしは今このブログをインターネットカフェの個室(せま~い!)で書いています。
さっき、軽いゆれがありました。(震度3ぐらいだったようです。
古いコンクリートビルの8階。
たたみ一畳の個室に一人。
ここでもしもっと強度の高い地震が起こったら、、、。
ぞっとしました。

みなさんのご無事を、こころからお祈りしています!

中止のご案内とお見舞い。

インプロワークスでは、東北地方太平洋沖地震の被害状況、計画停電による交通機関の運転状況、度重なる余震状況などによって、残念ながら今週末の「即興を遊ぼう会」、継続ワークショップを中止させていただくことにいたしました。

実施したほうがいいのかどうか、最後まで議論がありました。
しかし最終的に、参加者の皆さまの安全が一番だと考え、このような判断にいたりました。

東北地方太平洋沖地震でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また被災者のみなさまに、心からのお見舞いを申し上げます。
一刻も早い復興を願っております。

また、それ以外の地域のみなさまもまだまだ油断ならない事態でございます。
どうぞ安全第一でお過ごしくださいませ。


スタッフ一同、心から、みなさまの安全をお祈り申し上げております!